HOME > 学術ニュース(最新学術ニュース)
学術ニュース
最新学術ニュース

2009年4月

日付
タイトル
from
4月30日 脳の酸性に敏感なタンパク質はうつ病治療のための新しいターゲット Society for Neuroscience
  慢性の偏頭痛治療に効果的な磁気パルスを利用した新しい治療法 University of California - San Francisco
  自閉症スペクトラム障害に影響を与える遺伝因子を特定 NIH/National Institute of Neurological Disorders and Stroke
  恐竜の大量絶滅説に新らしい論説を発表 National Science Foundation
4月28日 家庭用漂白剤の驚異的な新しい役割 Northwestern University
  進行性難聴の原因を理解するための新しいマウス・モデルを開発 Helmholtz Zentrum M・chen - German Research Center for Environmental Health
  ピザのパン生地を薄く伸ばすために空中で回転させる動きは新しいモータ開発のヒントに Monash University
  大食細胞がDNAを破損することで細菌を殺すと言う仮説を否定 University of Illinois at Urbana-Champaign
4月27日 ダイエットソーダは腎臓結石を形成する危険を軽減 American Urological Association
  バクテリアの感染システムを解明 DOE/Brookhaven National Laboratory
  がん細胞を殺す可能性のある物質の抽出に成功 MIT
  意識、注意、学習やメモリに重要なガンマ脳波を引起す方法を発見 MIT
4月24日 電力と同時に水素を生産する電力発電所 Royal Society of Chemistry
  成熟細胞から遺伝的変更なく幹細胞作成を可能にする方法を開発 Scripps Research Institute
  8時間と12時間サイクルの遺伝子活動を解明 Carnegie Institution
  山火事は気球温暖化に重要な影響 National Science Foundation
4月23日 デング熱ウイルス感染に重要な主要タンパク質を特定 Duke University Medical Center
  アルツハイマー病に関係するタンパク質の破壊を早めるエージェントを発見 Mayo Clinic
  量子コンピュータにおいて効率的にエラー発生を抑制するためのテクニックを開示 National Institute of Standards and Technology
  週一回の脂肪性魚の摂取は男性の心不全リスクを軽減 Beth Israel Deaconess Medical Center
4月22日 今までに発見されている中で最も軽い太陽系外惑星を発見 ESO
  ワインは、非ホジキンリンパ腫患者の死亡の危険性を減少 American Association for Cancer Research
  遺伝子が哺乳動物でどう制御されるかに関する現在の概念に挑戦 McGill University
  地球温暖化が山火事の発生を増加させると予測 Ecological Society of America
4月21日 航空機衝突回避システム、高速列車コントロール等のコンピュータ制御しているシステムにおける系統的なバグを特定する新しい方法を開発 Carnegie Mellon University
  ガリウムヒ素チップを利用した最初の金属-半導体電界効果トランジスタ University of Illinois at Urbana-Champaign
  膀胱癌の危険性を予測できる遺伝子分析 American Association for Cancer Research
  グレープフルーツが抗がん剤の効果を高めることが判明 University of Chicago Medical Center
4月20日 強誘電材料の利用で、コンピュータの「リブート」がなくなる National Science Foundation
  悪性の脳腫瘍の拡大を防ぐ方法を発見 The Translational Genomics Research Institute
  尿検査により喫煙家の肺がんの危険性を予測 American Association for Cancer Research
  大気中の鉛と雲の直接的関係を解明 DOE/Pacific Northwest National Laboratory
4月17日 時差ボケは脳の2つの神経センターで体内時計を狂わせることによって起こることを発見 University of Washington
  サルモネラ菌のステルス攻撃の秘密を解明 Yale University
  脳腫瘍治療のためにサソリ化合物にナノ粒子を合成することで、癌性細胞の生育を98パーセント抑制 University of Washington
  聴力損失と聴覚障害治療における大きいブレークスルーとなるかもしれない小さい分子を特定 Purdue University
4月16日 脳卒中リスクに影響を及ぼす一般的な遺伝子の変異を特定 University of Texas Health Science Center at Houston
  ヒトゲノムを配列する新しい技術を開発 Brown University
  アルツハイマー病において、どのように脳細胞が死滅するかを解明 University of Michigan
  予想された降雨パターンが現実化した場合、植物の成長や飲料水に悪影響 Biotechnology and Biological Sciences Research Council
4月15日 新しい大腸菌ワクチンを開発 Michigan State University
  神経細胞の死亡を初めて観測 Ludwig-Maximilians-Universit
  より良いバイオ燃料生産のための植物遺伝子マッピング DOE/Brookhaven National Laboratory
  肥満を引起す遺伝子以外の要素 Purdue University
4月14日 半導体電子回路が発生させる熱を消散するためのより良い方法を開発 Lehigh University
  臨床の役立つ理想的神経細胞作成のためのプロトコルを開発 Burnham Institute
  安価な薬品や香料の生産を可能にする鉄から作られた「グリーン触媒」 University of Toronto
  広範囲の人体寄生生物における遺伝子パスウェイを破壊する方法を発見 Dartmouth Medical School
4月13日 人間の体内時計のタンパク質構造の3Dモデル化に成功 Scripps Research Institute
  マイクロチップに極めて狭いラインをエッチングする画期的方法を胚発 Massachusetts Institute of Technology
  小さな海草からの遺伝子が新しい研究の無限の可能性を示唆 Monterey Bay Aquarium Research Institute
  破壊されたDNAを持ったセルが修復するか死滅するかを決定するポイントを特定 Cold Spring Harbor Laboratory
4月10日 特定の遺伝子突然異変がどのように脳腫瘍の成長に貢献するかを発見 University of North Carolina School of Medicine
  遺伝子の表現レベルを決定する隠されたコードを解明 University of Pennsylvania
  軟体動物のニューラルネットワークをモデル化し、殆どの軟体動物の複雑な模様や形を作成するコンピュータ・プログラムを開発 University of Pittsburgh
  地球の炭素管理に重要な役割を果たしている藻類の遺伝子 DOE/Joint Genome Institute
4月9日 腫瘍成長におけるセルタイプ特有のシグナリングのメカニズムを発見 Mayo Clinic
  リシンを素早く、効果的に検出する方法を開発 Albert Einstein College of Medicine
  動物の癌治療に役立つ大豆を発見 North Carolina State University
  白血病を防ぐ主要な遺伝子を特定 University of California - San Francisco
4月8日 統合失調症の危険を増加させるDNA異変を特定 Rutgers University
  転移性前立腺癌の新しい治療法 Howard Hughes Medical Institute
  五角形の氷の結晶を発見 University of Liverpool
  アオウキクサはトウモロコシの5,6倍のエタノール生産性 North Carolina State University
4月7日 乳癌における腫瘍サプレッサを保護する遺伝子を発見 University of Texas M. D. Anderson Cancer Center
  神経変性疾患を引起す炎症からニューロンを保護するタンパク質を特定 University of California - San Diego
  骨粗鬆症治療薬と不整脈の関係についての調査を発表 Wake Forest University Baptist Medical Center
  コンピュータへのハンズオン・アプローチ MIT
4月6日 百歳以上の人の子供についての健康に関する調査を発表 Boston University
  コンピュータを利用した乳癌診断のモデルを開発 American Roentgen Ray Society
  全く新しい種類のコンピュータ・メモリ University of Leeds
  統合失調症やニコチン中毒の治療薬開発につながる55のニコチンのタンパク質を特定 Brown University
4月3日 自閉症とストレスホルモンのコルチゾールのレベルと関係を解明 University of Bath
  水素自動車を実現可能にする水素ガス格納システムの開発に成功 Purdue University
  ハイブリッド車や電子デバイスを動かすウイルスを組み込んだバッテリーを開発 Massachusetts Institute of Technology
  乳癌の危険性を増加させる2つの遺伝子の異形を特定 Washington University in St. Louis
4月2日 乳がんの酸素レベルに関する重要情報を獲得できる光のベースのシステムを開発 Duke University
  バックアップ・エネルギー源として蓄積する脂肪量をコントロールするプロセスを解明 Albert Einstein College of Medicine
  新生児における致命的な障害に関係する遺伝子を特定 University of California - Los Angeles
  何百年もの間、ガス田の地下水に貯蓄された二酸化炭素を確認 Natural Environment Research Council
4月1日 星間物質を調査するための新しいエックス線分光学ツールを開発 Astronomy & Astrophysics
  高速のコンピュータチップを製造する効果的方法を開発 Ohio State University
  羊水は病気治療の新しいソースであることを発見 American Society of HematologyAmerican Society of Hematology
  複雑な3次元表面のあるナノスケールの流体装置設計する方法を開発 National Institute of Standards and Technology
ページトップへ