HOME > 学術ニュース(最新学術ニュース)
学術ニュース
最新学術ニュース

2011年1月

日付
タイトル
from

1月4日

核汚染場所のクリーンアップを促進するための新技術 Oregon State University
  廃水処理プラントの病原体レベルが低下 American Society of Agronomy
  緑内障による視覚損失の予期していなかった生物学的パスウェイを特定 Kennedy Krieger Institute
  二酸化炭素でプラスチック Fraunhofer-Gesellschaft

1月5日

野生の蜂の現象についての調査報告 University of Illinois at Urbana-Champaign
  サリドマイドを引き起こすいくつかの薬品 Children's Hospital Boston
  トキソプラズマ原虫に感染していることがブラジル人の盲目の主要な原因 Massachusetts Institute of Technology
  ラテンアメリカの中高年のメタボリック症候群はビタミンCとEが関係 Tufts University, Health Sciences

1月6日

高機能の形状記憶ポリマーの開発に成功 Syracuse University
  アテローム性動脈硬化症における重要な役割を持っているバクテリアを特定 Columbia University Medical Center
  遺伝子療法の有望な方法を開発 Mary Ann Liebert, Inc./Genetic Engineering News
  スズメバチは再生可能なエネルギーの鍵? American Friends of Tel Aviv University

1月7日

7倍以上速いMRIスキャンを開発 University of California - Berkeley
  グラフェンの電気的・機械的性質を解明 Cornell University
  自然の植物のように自己修正する新しいタイプの太陽電池を作成 Purdue University
  人間が17万年前に衣服を着ていたことをDNAが証明 University of Florida

1月11日

CO2排出の影響により3000年までに地球の海面が4メートル上昇 University of Calgary
  バイオ燃料作物が世界の現行燃料消費の半分を達成 University of Illinois at Urbana-Champaign
  乳がんの強力な早期発見方法を開発 Arizona State University
  イチゴのDNA配列を初めて完成 University of New Hampshire

1月12日

トウモロコシの収穫拡大のための遺伝子を特定 Cornell University
  干ばつでも耐えられる植物の遺伝子突然異変を発見 Purdue University
  鉄より強くて硬い新しいガラス DOE/Lawrence Berkeley National Laboratory
  人の体内に寄生するバクテリアを治療に利用する可能性 University of Nottingham

1月13日

制癌剤シスプラチンを効果的に利用するためにナノ粒子を利用 Massachusetts Institute of Technology
  一般的消毒剤の性能を劇的の高める方法 Rice University
  2010年の最も興味深い発見 23andMe Inc.
  革新的ナノレーザを開発 American Friends of Tel Aviv University

1月14日

歯の構造を3Dの原子レベルで解明 Northwestern University
  がん細胞の増殖を止める新薬 The Translational Genomics Research Institute
  水銀の相反する性質を説明する新しい発見 DOE/Oak Ridge National Laboratory
  大規模停電を阻止する新しいアプローチ North Carolina State University

1月17日

気候変動の理解を進める太陽エネルギーの測定改良 University of Colorado at Boulder
  リボ核酸は前立腺がんの転移を抑制 University of Texas M. D. Anderson Cancer Center
  虫のような小さな生命体の脳や筋肉をコントロールするために液晶ディスプレイプロジェクターを利用 Georgia Institute of Technology Research News
  パーキンソン病の脳細胞死を解明 University of Texas Health Science Center at San Antonio

1月18日

前立腺肥大治療薬が前立腺癌検出に効果 Washington University School of Medicine
  磁気錠剤は体内の吸収を促進 Brown University
  超分子構造を形成するために水を引き付ける小さい球を開発 University of Illinois at Urbana-Champaign
  核分裂の新しい分野の研究 PhysOrg.com

1月19日

航空病に影響されやすい人々のための新しい療法 Duke University Medical Center
  馬の肥満は人間と同様に高い University of Nottingham
  神経変性や脳卒中から脳細胞を保護する新しい分子の発見 University of North Carolina School of Medicine
  より効率的な創薬のためのブレークスルー Uppsala University

1月20日

線形動物により膵癌の進行を解明 University of North Carolina School of Medicine
  数学的モデルで複雑な社会の不安定性を予測 National Institute for Mathematical and Biological Synthesis (NIMBioS)
  肝臓がんの手がかりとなる遺伝子を特定 Van Andel Research Institute
  HIV治療の新薬 Scripps Research Institute

1月21日

在来種の2倍のザリガニを発見 University of Illinois at Urbana-Champaign
  癌細胞における正常異常の分子の戦いは治療の手がかり University of North Carolina School of Medicine
  がん細胞が他の組織へ転移するのを阻止する分子を発見 Massachusetts Institute of Technology
  赤血球に侵入するマラリア原虫を初めて捕獲 Walter and Eliza Hall Institute

1月24日

急性リンパ性白血病の遺伝的多様性を発見 University Health Network
  グリーンランド氷床の新しい溶融記録 City College of New York
  環境汚染と母乳の研究 Norwegian Institute of Public Health
  遺伝子の配列だけでは人間のかかる病気を理解するために不十分 Duke University Medical Center

1月25日

新しい恐竜の発見 University of California - Davis
  鍵穴手術の新しいトレーニング機材 American Friends of Tel Aviv University
  バクテリアのIQテストを開発 American Friends of Tel Aviv University
  黒色腫の生体標識テストを開発 University of North Carolina School of Medicine

1月26日

オウムサイズの新しい恐竜を発見 University College London
  Notchシグナル伝達経路は血管腫瘍に重要な役割 Washington University School of Medicine
  コンタクトレンズのバクテリア感染の新しい治療方法を発見 National Jewish Health
  癌を含む異常細胞を検出する新しい方法 Ohio State University

1月27日

再生医療での主要なハードルを排除 University of California - Los Angeles
  新しい食卓用器具清浄薬 Ohio State University
  疫病と細菌性肺炎ワクチン開発への新しい発見 Trudeau Institute
  スピーディな医療診断と化学分析の安価な紙を使用する技術を発明 Purdue University

1月28日

新しい反HIV遺伝子療法 Mary Ann Liebert, Inc./Genetic Engineering News
  すべての生物の体内時計をコントロールするメカニズムを特定 University of Cambridge
  寒冷地では畝を狭くすることで大豆の生産が増加することが判明 American Society of Agronomy
  効率的なバイオ燃料生産方法を発見 University of Illinois at Urbana-Champaign

1月31日

東アフリカの干ばつは地球温暖化の影響で増加 United States Geological Survey
  洪水の予測に旧来の情報理論が効果的 Delft University of Technology
  幹細胞マーカーがシナプス形成をコントロールすることを発見 Salk Institute
  環境進化ダイナミズムの新しい評価 University of California - Davis
ページトップへ