HOME > 学術ニュース(最新学術ニュース)
学術ニュース
最新学術ニュース

2011年2月

日付
タイトル
from

2月1日

急性肺障害の重要なシグナル伝達経路を発見 National Jewish Health
  新しい制癌剤 Yale University
  ランの繁栄はハチとの良好な関係が原因 Imperial College London
  トリケラトプス恐竜の祖先を新たに発見 Yale University

2月2日

腎臓病患者増加の予測 Brigham and Women's Hospital
  睡眠時無呼吸症候群治療薬 University of Toronto
  ナノシェルが脳腫瘍治療に効果的 Rice University
  バクテリアで植物感染の引き金となる新しい分子メカニズムを解明 Biotechnology and Biological Sciences Research Council

2月3日

南極の氷で地球温暖化歴史を分析 National Science Foundation
  肝細胞による新しい治療 Sanford-Burnham Medical Research Institute
  X線レーザーの可能性 DOE/SLAC National Accelerator Laboratory
  転移性前立腺癌の分子を特定 Dana-Farber Cancer Institute

2月4日

医学文献で説明されないまで衰弱させられる血管障害の遺伝子的原因を特定 NIH/National Human Genome Research Institute
  気候予測を改良する新しい発見 United States Geological Survey
  ディーゼルとバイオディーゼル Norwegian Institute of Public Health
  卵巣がん治療に効果的な発見 Georgia Institute of Technology

2月7日

乳がんが骨に転移するメカニズムを発見 Princeton University
  脳の神経経路を追跡する新技術を開発 Stanford University
  7つの新種の魚を発見 Smithsonian
  心臓機能に不可欠の遺伝子を特定 University of North Carolina School of Medicine

2月8日

エコ運転の研究 University of California - Riverside
  タンパク質を安定させるための新しい方法を開発 Scripps Research Institute
  うつ病を抑える手段を特定 DOE/Lawrence Berkeley National Laboratory
  リュウマチ性関節炎の新しいメカニズム University of Gothenburg

2月9日

パーキンソンやアルツハイマー病などの神経変性の異状におけるプラーク形成のメカニズム解明する新技術 Scripps Research Institute
  幹細胞の鼻腔内投与はパーキンソン病を劇的に改善 Mary Ann Liebert, Inc./Genetic Engineering News
  気候変動によりクズリが絶滅の危惧 National Science Foundation
  前立腺癌細胞の成長を抑圧する重要なタンパク質を発見 Imperial College London

2月10日

気候変動の時代に鳥類の国際的保護の必要性 Durham University
  海草からのマイクロスポンジは生命を救う Rice University
  単一の遺伝子障害の遺伝的基礎を特定し、将来のマルチ遺伝子障害に対応 NIH/National Human Genome Research Institute
  霊長類に特有の遺伝子調節メカニズムを発見 University of Rochester Medical Center

2月10日

気候変動の時代に鳥類の国際的保護の必要性 Durham University
  海草からのマイクロスポンジは生命を救う Rice University
  単一の遺伝子障害の遺伝的基礎を特定し、将来のマルチ遺伝子障害に対応 NIH/National Human Genome Research Institute
  霊長類に特有の遺伝子調節メカニズムを発見 University of Rochester Medical Center

2月14日

イギリスの氷床が氷河期の間どう縮まったかを例証 University of Sheffield
  脳の働きをコントロールする驚異的なメカニズムを公開 Scripps Research Institute
  ベリーの摂取はパーキンソン病のリクスを軽減 American Academy of Neurology
  ノルアドレナリンが免疫抑制薬として脳で重要な役割を果たすことを発見 University of Illinois at Chicago

2月15日

従来のスイッチグラスより約33パーセント多くのエタノールを作り出すスイッチグラスを開発 DOE/Oak Ridge National Laboratory
  世界的に硫黄の放出が増加 DOE/Pacific Northwest National Laboratory
  新しいナノ材料で次世代電子デバイスを開発 University of California - Los Angeles
  より速くてより効率的な通信ネットワークに関する無線技術を開発 Stanford University

2月16日

世界的降雨と海洋汚染を予測する新しい方法を開発 University of Miami Rosenstiel School of Marine & Atmospheric Science
  小胞体ストレスのミステリーを解明 Rice University
  良いダイエットはアルツハイマー病に効果的 American Friends of Tel Aviv University
  サイバーメスを使用した乳がん治療の臨床試験 UT Southwestern Medical Center

2月17日

増加する二酸化炭素排出は植物と昆虫の相互作用に影響 University of Michigan
  地球温暖化は永久凍土層の溶解に影響 University of Colorado at Boulder
  未熟網膜症に薬物治療が効果的 University of Texas Health Science Center at Houston
  DNA修復の方法は遺伝子突然異変が高い可能性 Indiana University-Purdue University Indianapolis School of Science

2月18日

廃水からバイオディーゼルを開発 Rochester Institute of Technology
  医療画像処理を改良する開発 Cardiff University
  森林をバイオマスに変える希望と限界 Cary Institute of Ecosystem Studies
  脊髄損傷患者とのコンピュータインターフェースを開発 University of Pittsburgh Schools of the Health Sciences

2月21日

新しい乳癌'がん遺伝子'を発見 University of Cambridge
  アンフェタミンの使用はパーキンソン病にリスクを増加 American Academy of Neurology
  神経変性病を引き起こす異常なたんぱく質の研究 Stanford University
  白血病治療のためのタンパク質を生体工学で作成 Children's Hospital Los Angeles

2月22日

土星の月(リア)の周りで酸素と二酸化炭素の非常に薄い大気を検出 University of Virginia
  100年前に集められた南極海の生き物が環境変化の新しい手がかりに British Antarctic Survey
  精神病には薬物治療と同じくらいライフスタイルの変化が効果的 University of California - Irvine
  トラノサウルスはライオンというよりハイエナ University of California - Berkeley

2月23日

健康な生活をサポートする新しいツール University of Virginia
  '指紋'は分子シミュレーション DOE/Oak Ridge National Laboratory
  NK細胞の重要性の研究 University of Veterinary Medicine -- Vienna
  降圧剤は癌に効果的 Massachusetts General Hospital

2月24日

ナノサイズのワクチン Massachusetts Institute of Technology
  生命に危険を及ぼす失血後に生存を改良するためにナノ粒子が効果的 Albert Einstein College of Medicine
  ナノ粒子の単一原子の正確な空間的配置を決定するのに初めて成功 Swiss Federal Laboratories for Materials Science and Technology (EMPA)
  子癇前症に関連する遺伝子を発見 North Carolina State University

2月23日

次世代オペレーティング システム Massachusetts Institute of Technology
  乳がん生存者の指圧治療の効果 Michigan State University
  トランスジェニック菌類がマラリア治療の高効果 University of Maryland
  血液科学の4,000以上の成分を解明 University of Alberta

2月28日

バイオ燃料のためのトウモロコシの過剰収穫は問題 Rice University
  「海洋ネットワーク」が魚資源を保護 University of Miami Rosenstiel School of Marine & Atmospheric Science
  脳障害などのリハビリに役立つ発見 University of California - San Francisco
  インスリンを分泌する細胞が死ぬ新しい原因を発見 University of Texas Health Science Center at San Antonio
ページトップへ