法令対応水分析 飲料水から排水まで、水の分析はおまかせ下さい。各種法令で定められた項目を分析致します!

水道水・飲料水水質検査ページ上部に戻る

画像

私たちが普段飲んでいる水道水や井戸水は、何よりも安全であることが大切です。そのため、水道法で定められた全項目検査および建築物衛生法で定められた水質検査を行い、飲料水として適しているかどうかを定期的に検査する必要があります。飲料水水検査機関として豊富な実績と経験を有し、飲料水の安全を守るという大切な役割を果たしています。

水道法51項目水質検査

「厚生労働省 水道法 第4条2項に基づく水質基準に関する省令」

飲料建築物衛生法で定められた水質検査ページ上部に戻る

画像

建築物衛生法、もしくはそれに基づく条例に定められている特定建築物は、16項目の水質検査を6ヶ月以内ごとに1回、定期的に行わなければなりません。(ただしその年の初めの16項目の検査が、適合だった場合、その次の回(6ケ月後)の水質検査においては金属類等を除く11項目に省略することが、出来ます。)また、消毒副生成物12項目の水質検査は、毎年測定期間( 6月1日から9月30日までの間 )に1回行わなければなりません。

  • 16項目水質検査

  • 11項目水質検査

  • 消毒副生成物12項目

  • 食品衛生法による26項目水質検査

  • 食品製造用水、ミネラルウォーター類の39項目水質検査

排 水ページ上部に戻る

画像

排水を河川や海などの公共水域に排出する場合は水質汚濁防止法に、公共下水道に排出する場合は下水道法に基づいて取り扱われます。また、都道府県により厳しい上乗せ排水基準値が定められることがあり、事業者は各現場に即した水質検査を定期的に行う必要があります。

  • 公共下水道43項目水質検査

  • 水質汚濁法43項目水質検査

  • 排水5項目水質検査(pH,BOD,COD,SS,n-ヘキサン抽出物質)

プール水ページ上部に戻る

画像

不特定多数の人々が利用するプールは、衛生面の徹底した管理が必要となります。遊泳用プール衛生基準や学校保健法に基づく学校環境衛生の基準で定められた項目に沿って、公営プールや学校・スポーツクラブ内のプールなどを検査しています。

  • 遊泳プール6項目水質検査

  • 遊泳プール総トリハロメタン水質検査

浴槽水・レジオネラ属菌検査ページ上部に戻る

画像

レジオネラ属菌により発症するレジオネラ症は、高齢者や乳幼児、他の病気によって抵抗力が低下している人などが発病しやすいと言われています。現在では、平成11年4月に施行された「感染症法」により、第4類感染症(全数把握疾患)に指定され、社会的な関心も非常に高まっています。当社では、主な感染経路である浴槽水をはじめ冷却水、加湿器用水などの水質検査を行います。

  • 原湯・含水・上り用水6項目水質検査

  • 浴槽4項目水質検査

  • レジオネラ属菌水質検査

  • 画像

    バイオフィルムを温床とする
    レジオネラ属菌の増殖イメージ

  • 画像

    レジオネラ属菌(37,000倍)

その他検査ページ上部に戻る

この水の成分はなに?
現場の聞き取り調査、現場の環境確認⇒検査方法・項目の選定⇒水質検査(金属検査・イオン分析など)

水質検査

  • ●金属分析

    画像

    ICP/MS

  • ●イオン分析

    画像

    イオンクロマトグラフ

お問い合わせ方法ページ上部に戻る

下記、お問い合わせ・お申し込みフォーマットをダウンロード頂き、
メールかFAXにてお送りください。

法令対応水分析 専用お申込フォーマット

  • ※お問い合わせ内容により弊社協力会社から直接お客様へ連絡させて頂きます。

WEBから

下記お見積依頼フォームをご利用ください。
(添付資料の送付可能です)

お見積依頼 お見積り無料!!

まずはお気軽にお問合せください!

アズワン株式会社 サービスプロモーショングループ

TEL
03-6386-0688
FAX
03-6386-0690
MAIL
tokuchu@so.as-1.co.jp

「プライバシーポリシー」の「個人情報の取扱いについて」をお読みいただき、同意の上でお問い合わせください。