こんにちは こみねぇ です。

今日は、ステンレス容器の特注について紹介します。

≪ステンレス容器≫とは、ステンレスで作った入れ物のこと。そのままですね(*・ω・)
ステンレスは、英語で「stainless(=さびにくい) steel」と訳されます。
その名の通り、錆びにくい金属なんです。
そんな、錆びにくい材料を使った容器は、調理場はもちろん、各種研究室でも、頻繁に使われています。

アズワンでも、ステンレス容器、豊富なラインナップを取り揃えています。


  手付き ステンバット
   

  ステンレス角型バット
  

  深型組バット 
  

などなど。

でもっ

こう ↓ 思った経験、ありませんか?
「高さが足りない、、」 「惜しい、少し大きい」 「このサイズで、底にパンチング穴があればいいのにっ」

そんな時は ≪特注製作≫ にて対応可能です。  

1点から、ご希望サイズの容器を作ることができるんです。

こういったステンレス容器、「量産品」と「特注品」では、製作方法が大きく異なります。
今回は「量産品の製作工程」「特注品の製作工程」を紹介します。

まずは量産品の作り方から。

量産品は「金型」を使って製作します。

≪ 量産品の製作の流れ ≫

材料を大量に用意

        ↓
型に油を塗る *金型の保護のため
 

        ↓
板を投入

        ↓
プレス中


        ↓
プレス後

※「型に油を塗る~プレス」という工程を、3回、少しずつ違う型を使用して行います。
※一度に完成形にするのではなく徐々に近づけて完成させます。

        ↓

プレス後 

四角い板だったはずが 、縁が花びらのように変形しました。
        ↓
縁をカット

        ↓

カット済

        ↓ 
縁を丸めます

        ↓
縁処理前          縁処理後

        ↓ 

ここから仕上げです。    
バフ研磨                
 
各種バフ

  

※「大きい製品」のバフ研磨は特に難易度が高く、
  熟練の技術が必要なんですってd(゚∀゚d)

        ↓

研磨後   
 
ピカピカになります

        ↓
洗浄 
   
付着した油分、研磨粉などをを洗い流します
        ↓

完成
   


高価な金型が、いくつも必要なんですね。
その「金型」を使えば、次々に同一形状の製品を生産することができます。

  
成型品に傷がついたり、ゆがみが出るなど、プレス作業時に
金型の不調に気づいた際は、金型をメンテナンスします。

メンテナンスのために運ばれる金型

「金型」は非常に大切に扱われるんです。

つづいて

≪ 特注品の製作の流れ ≫

つぎに、特注品のつくりかた

材料カット  シャーリング切断機

材料カット   レーザー加工機

板のカット方法も種類があります。

シャーリング切断やレーザーカットなど加工したい形状、材料の厚みなど
によって加工機も異なります。
        ↓
曲げ加工機 ①

板を挟んで折り曲げます
        ↓
曲げ加工機 ②

1辺1辺曲げます。

イメージはこちら↓
板をカット               曲げ
    
例えば、縁を外側に折り曲げた四角い箱を作る場合
黄色マーカー部、8辺を曲げます。

折り紙のように折り曲げるんです。
        ↓  

溶接   
   
黄色マーカー部、4隅を溶接します。

        ↓

仕上げ  

溶接跡を消します。

        ↓

完成 

事例1  

 

事例2 パンチング材でストレーナーも

事例3   滅菌缶

角型のみならず円筒容器も特注可能です。

特注の場合、形状によって様々ですが

一般的に
「板をカット」→「折り曲げ」→「溶接」→「仕上げ」
の手順で製作します。

特注なら、
オリジナルで「取っ手」をつけたり、フタを用意したり、自由に製作できます!

いかがでしたか。

量産品と、特注品ではまるで作り方が違うんです!

量産品→「型抜きクッキー」のような流れ作業ヽ(´∀`*)ノ
特注品→「折り紙」のように、折って組み立てる(*^_^*)

そんな、イメージですね。

角の仕上がりを比較すると、、

量産品 特注品 
  

量産品の角は丸みがあるものが多く、
特注品はカクカクしているのが一般的です。

ピッタリサイズの容器を作りたい!!
と思った皆様。

  までご依頼ください。

継ぎ手の溶接  ~ 排水作業もラクラク ~

こんにちは こみねぇ です。

研究室などで、「大型のタンク」を使うこと、ありますよね。
今回は、大型のタンクに「継手」を特注で取付して、作業をチョット楽にしませんか?

と、ご提案をしたいと思います。

と、その前に。

アズワン2019総合カタログでは

 このような、" ピクトマーク " が使われています。


ご存知でしたか?
文字どおり、掲載している製品に〝  追加で加工できます " というもの。

 ≪ タンクへの継手加工 ≫  2019カタログでも紹介しておりますっ!

研究は、根気も体力も必要だとは思いますが、
日々、研究室から帰る前に、何十キロもある液体が入ったた、重たいタンクを、
"運んで" "傾けて" 排水するという作業は、 ドッと疲れますよね。

そんな時にオススメしたいのが ≪ タンクへの継手加工 ≫ です。

アズワンでは、様々なタンクを取扱いしておりますが、
排水を考慮し、予め継ぎ手がついているものあれば、そうでないものも。

例えばこちら

ストックポット  ↓ 寸胴鍋です 13L
 

一般的に、 「厨房用品」の鍋の類には
排水継手って付いていないですよね。

そういったタンクにも継手を溶接することができるんです。
※板厚が薄すぎるものなど、製品によっては溶接できないものもあります。

継手を取り付けた加工品を2つ紹介します。

≪ 加工事例 ①≫
 
タンクの底に「ハカマ」も付けました。

下からみると、このとおり。
 
下に管が通っています。

≪ 加工事例 ①≫
 
両側に取り付けています。
これならタンク1つで2役(?)こなせます。

溶接跡はこのように残ります。
 

≪その他≫

樹脂容器にも樹脂のバルブ溶接することができます。

円筒型タンク 11100シリーズ

  
ポリエチレン製のタンクへも

      ↓

 

このとおり。ポリエチレン製のバルブを溶接しました。

チラシも用意しました。ご活用ください。
タンクへの溶接チラシ.pdf(891KB

重たい排水作業でお悩みの皆様。

継ぎ手を付けたい!というご要望がございましたら

まで。おまちしてます。

こんにちは こみねぇ です。

≪マシニングセンタ≫ をご存知ですか?
樹脂や、金属など様々な材質の材料を、複数のドリルを使って
精密に切削加工をすることが出来る、優れた工作機械なんですっ!!

早速、マシンニングセンタを使って製作した、オリジナル品を、紹介します。

10列、穴の開いたラックです!! 研究室で活躍中。



サンプル管を入れて使います。

POMという樹脂に、「穴」をあけ、 レーザーで側面に番号を入れました。

POM(ポリアセタール)
  ⇒ 寸法が安定しており、強度もあるため、切削に適した樹脂なんです。
     耐薬品にも優れているので、サンプル瓶の器に適しています。

この事例のように、色違いで複数取り揃えていると「識別しやすい」ですよね。

規格瓶


サンプル瓶
 

アンプル瓶


こういった、小さい容器を沢山扱う現場では、
容器がバラバラになってしまうと極端に作業性が悪くなります(゚ω゚)
取り違えを防ぐために注意が必要です!

・・・というわけで、
今回紹介したような、「識別が簡単にできるラック」があると、便利なんです。

チラシ、ご用意しました↓ ご活用ください。

樹脂加工チラシ.pdf (846KB)

先日、このサンプル瓶立ての加工工場にお邪魔し、
加工機 ≪マシニングセンタ≫ を見せていただきました。

・細かい操作パネル        ・ドリルで切削中
 

コンピューターを使って複数軸のドリルを操り、複雑で精密な切削加工ができる
機械なんです。とっても滑らかな、ドリルさばきです(*^_^*)

こういった形状は得意中の得意↓

POMの板から           半球 ※手磨き済
  →                         

アクリルの板からも        半球  ※手磨き済
 →                      

 

  拡大鏡としても使えます。

アクリルPPABSといった汎用樹脂だけでなく、
PEEKPTFEなどスーパーエンプラ、エンプラなど様々な樹脂を加工することが出来ます。

マシニングセンタを動かすためには、
図面をもとに「プログラム」を組む必要があるんです。

図面をしっかりと理解したうえで、工具の選定、加工手順などを
1つ1つプログラムする必要があるんです。

これが工具の数々。 沢山セットできます(^▽^)

工具を「自動」で交換できるので、非常に効率的です。

材料と工具を機械にセットし、プログラムを読み込ませ、
スイッチを入れれば、あとは、仕上がりを待つだけ。

と、あっさりと書きましたが

プログラムを組む ⇒ 「工具選定」「加工順序、加工条件の決定」が必要。
材料セット      ⇒ 位置決めが必要(ジグに合わせて中心の位置を微調整)

スイッチを入れるまでの「事前準備」が必要なんですね!

正確なプログラムで順調に加工ができることが検証できれば、
「24時間稼働」も実現しちゃいますd(゚∀゚d)

≪マシニングセンタ≫ がどのような加工機か、伝わりましたか?

万能加工機のようですが、スイッチオンまでの準備には
それなりの工程が必要なんです。

例えば、「穴を1箇所あけるだけ」といったシンプルな加工を少量行う
場合は、マシングセンタを使わず他の加工機を使うほうが早いです。

折角なのでマシニング加工機の傍にあった、加工機を見せていただきました。

こちらは穴あけ加工中。
 

 W1024Q75_穴あけ用ドリル.jpg
 ネジ穴用ドリル            穴あけ用ドリル

 
手加工のネジ穴(アクリル)

工場の片隅に、こんなものを発見!

さすがは、加工のプロ!!
マシニングセンタで使う備品「コレット」にピッタリの収納容器を、
アクリルで自作されてましたヽ(´∀`*)ノ

樹脂を使った加工、ご希望があれば

  まで。お待ちしてます!!

こんにちは こみねぇです。

アズワンでは、新品販売だけでなく、色んな実験機器・計測機器の
"レンタル"も やってるんですっ!!

2018年11月に発刊した、アズワンの「研究用機器総合カタログ2019」には、
約450点のレンタル品を掲載してるんですよ!
GN00_1.jpg

アズワンのWEBショップ、AXELにはさらに約1300点のレンタル品が
掲載してます~!


本日は、そんなたくさんの "レンタル品" コーナーの中から
デジタル硬度計(レンタル品)を使って、色んなものの破壊強度を
調べてみようと思いますヽ(^∀^*)ノ

今回の主役はこちら!!

1-9972-01-60 デジタル硬度計 レンタル5日  KTN-40N

この商品は、破壊強度を調べたいサンプルをお皿の上に置いて、
上からサンプルを押しながら、割れた瞬間の重さ(荷重)を調べる装置なんです。


一定の力でどんどん押してます~

photo_20190119-084101_6.jpg

サンプルが割れた瞬間を感知し、その時の上から押している重量(荷重)
をディスプレイに表示します。
↓ 

これは、15.975kgの荷重をかけたら、割れたということです。

ちなみに、割れたサンプルはこんな感じ。


これ、どうやって割れた瞬間の重量(荷重)を調べているかというと、
まず、サンプルを置くお皿の部分が、天びんのように重量を測定できる
ようになっているんです。
そして、上の棒がサンプルを徐々に力をかけながら押していき、割れた
瞬間に重量が一瞬変化(減少)するので、その時の重量を表示するんです!!

すごいですよね!!

では、さっそく色んなものの破壊強度を調べてみましょ~(´∀`)ノ
●クッキー VS クラッカー
photo_20190119-083856_3.jpg

さぁ、結果は~~~~~

クッキー:2.61kg         クラッカー:0.92kg
クラッカー2.jpg

どんどんいきますよ~
●アーモンド VS カシューナッツ VS クルミ
photo_20190119-083830.jpg

さぁ、結果は~~~~~

アーモンド:12.215kg  カシューナッツ:1.9kg  クルミ:3.885kg
photo_20190119-083829_6.jpgphoto_20190119-083829.jpg

なんとなく、食感でどっちが硬いかわかっちゃうと思いますが、
実際の数値にすると結構硬さが違うんですね~!

ちなみに、この硬度計は、最大で40kgまでの荷重が測定できます。

※この機械で測定が難しいのは、飴のように硬いものだと、40kgでも
割れないので測定出来なかったり、マシュマロのように柔らかい(割れ
ない)ものだと荷重をいくらかけても割れの重量変化が感知できずに
測定ができないんです。


こちらの商品は、製薬ユーザー様でお薬の錠剤の硬さを検査する時に
よく使っていただいております。
余談ですが、錠剤の硬さを測定する時は、昔からの習慣で縦方向に置いて
測定することが多いそうです。
photo_20190119-083456_5.jpg
↑きれいに割れましたね~~ヽ(^∀^*)ノ
薬の硬さの違いで、きっと溶け方とか効果が異なるんでしょうね~。

この商品、もちろんレンタルだけでなく、新品でも販売してます。
縦方向だと薬が転がってしまいやすいので、特注で専用の固定冶具
を作ったり、また結果をプリンターに印字する機能を外部出力に変更
することも出来るんですよ。

一次的に破壊強度を検査したいっ!という時には、アズワンのレンタル
商品が皆さまのお役に立てれば幸いです。

※追伸:このあとスタッフが美味しく頂きました。

超お買い得!!実験機器中古品情報~真空ポンプ~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは こみねぇです。

本日は、アズワンのWEBショップ、AXELに掲載している "中古品" コーナーの中から
真空ポンプのお買い得品をご紹介します!

真空ポンプには、ダイヤフラムや油回転タイプなど様々な種類があって、ご使用用途に
併せて使い分けが必要ですっ!AXELではたくさんの真空ポンプを掲載していますが、
今回はその中で、"ベーンポンプ" と "ブースターポンプ" をご紹介します~ヽ(^∀^*)ノ

【ベーンポンプ】

①商品コード:44-0200-04 
【新古品】1段式ロータリーベーンポンプSOGEVAC
SV630 B F JAPAN-WATER COOLED

新品価格:4,466,000円 が なんと 2,702,000円!!

こちらの商品は、一段式の油回転式ロータリーベーンポンプです。

ベーンポンプとは、ポンプの内部でベーン(羽根)が回転することで空気を圧縮して
真空状態にするポンプです。
油を使用することによりベーンの動きを滑らかにし、また気密性を高めているんですっ。

文字ではよく分からないと思いますので、 ポンプ内でどのように真空が生成されるか
動画で見てみましょう~!

https://www.youtube.com/watch?v=5BLBqr0BR4I

さて、
今回ご紹介するSOGEVAC の特長は高い圧力領域(大気圧~10,000Pa程度)
においても安定した排気性能を得ることができることです。

また、オイルミストトラップが内蔵されており、排気フィルタに付いたオイルがポンプ
に戻る回路も標準装備されています。

ベーン型ポンプのため、極めて低振動、低騒音です。
さらに、ベーンは特殊な材質が使用されており、ポンプが吸い込む水分によって
ベーンが膨張せず、ポンプのロックの危険がありません。

メンテナンス性にも優れ、排気側の配管を外さずに排気フィルタを交換することが可能なんですよ!

一般的に、可変ピストンポンプに比べ、メンテナンスがしやすく、振動や騒音が少ないベーンポンプ!
是非ご検討ください~。

【メカニカルブースターポンプ】


②商品コード:44-0200-02
【新古品】メカニカルブースターポンプ  RUVAC
WSU1001

新品価格:3,247,000円 が なんと 1,608,000円!!

③商品コード:44-0200-03
【新古品】メカニカルブースターポンプ  RUVAC
WSU 2001H (ACE ABSORBER)

新品価格:4,317,000円 が なんと 2,137,000円!!

メカニカルブースターポンプは排気速度を飛躍的に増大させる働きをもったポンプです。
油回転式、またはドライの真空ポンプと組み合わせて使用することで、 低コストで高い
排気速度、よりよい到達圧力を 短時間で得ることができます。

車のターボエンジンのようなもの、と考えてもらえるとよいかもしれません。

排気原理については、こちらの動画を見ていただくとわかりやすいかと思います。

https://www.youtube.com/watch?v=IH8_M-G5XW0

一般的なメカニカルブースターポンプの冷却方法は水冷式ですが、このポンプは空冷仕様です。
空冷式の場合はユーティリティに水が必要になります。また水質が悪いと詰りが生じます。
また、機械式バイパスバルブを採用しているため大気圧からの運転でも確実に排気性能を発揮します。

ちなみに、このポンプの最大の特長はキャンドモータです。
高いリークタイト性があり、シャフトシールがないためオイル漏れがありません。
このキャンドモータは大気と真空を繰り返す用途に特に適しています。
磨耗によるシール劣化がないためメンテナンス周期も非常に長いのが特長です。

さらに、モータ直結タイプのため確実に動力を伝達し、インバータによって排気速度を増加させることができます。

こちらのポンプは産業用途全般に使用されており、
生産性の向上が得られるため量産工場でもよく使用されています。
今がお買得のこちらの商品、是非ご検討頂ければ幸いです!!

メッシュの検査してます!

こんにちは "こみねぇ" です。

最近、品質管理がより重要となってきていますよね!

日頃使っている機器の精度がちゃんとでているか、定期的に校正をしたり、
消耗材の副資材でも、事前に検査したものを使う傾向が増えてきているようです。

アズワンでは、実験機器や計測機器はもちろん、ちょっとした消耗品にも、 出荷時に
検査書類を付属してお届けするサービスを行っております。

そこで今回は、様々な検査書類付き商品の中で意外と知られていない
"検査書類付きメッシュ"についてをご紹介します!


メッシュって、
身近なものだと網戸とか、
実験だと、フィルターふるいが思い浮かびますよね。

普段何気なく使っていますが、メッシュの網目がゆがんでいたり、ばらつきが大きいと
網戸から虫は入ってくるし、ふるいで異物を除去したいのに、できなかったり・・・と、
結構大変です(ToT)

では、メッシュの"網目の大きさ"や"糸の太さ"を実際に自分で都度チェックしてから
使うことが出来るかというと。。。

ちょっと無理ですよねヽ(゚Д゚;)ノ


そんな目で見て分からないメッシュでも、アズワンで扱っているメッシュ工場さんは
専用の機械でちゃ~んと、メッシュの状態をチェックすることが出来るんです。

実際にどんな感じで見えるかというと・・・

同じ規格サイズのメッシュで比較してみましょう!!

メッシュA


うん、きれいな網目ですね~!!

メッシュB


う、うぅ~ん。なんかぐにゃぐにゃしてますね・・・

メッシュA、Bの仕様は数字上同じですが、実際の数値データで比較すると、、、
【規格値】
・糸径:35μ  (糸の太さ)
・目開き:38μ (網目の穴の大きさ)
・開孔率:27%(全面積のうち、何%穴があいているか)


【実測値】
メッシュA
・糸径(横糸) :最小31.78~最大34.81μ ←ばらつきが小さい
・目開き(横糸):最小35.67~最大39.56μ ←ばらつきが小さい
・開孔率    :28.56%

メッシュB
・糸径(横糸) :最小33.08~最大40.00μ ←ばらつきが大きい
・目開き(横糸):最小33.29~最大42.16μ ←ばらつきが大きい
・開孔率    :26.24%

メッシュBの開孔率は、ほぼ規格値通り穴があいていますが、
"糸の太さ" と "穴の大きさのばらつきが大きい" ことが分かります。

同じスペックなのに全然違いますよね~!
もちろん、アズワンで扱っている検査書類付きメッシュはAの方ですのでご安心下さい!!

ちなみに、協力工場さんの機械で、お客様がお持ちのメッシュを測定することもできます

●目開き"15μ以上~800μ未満"のメッシュであれば、材質は何でもOK!
●目開きと糸径の最大値、最小値、平均値が測定できます!

さらに!!
昔買ったメッシュで、どんな材質で目開き・糸径が分からない・・・ というお困りの方へ

現物からどのメッシュなのかを探し当てることも可能ですので、お気軽にご相談ください!
実験や製造の品質維持、再現性の確保に、アズワンの検査書類付き商品が皆さまのお役に立てれば幸いです。

超お買い得!!実験機器中古品情報 ~2019年1月版~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは こみねぇです。

実は、アズワンでは "中古品" コーナーを設けて、特別価格で販売しているんですっ!
ご存知でしたか??

アズワンのWEBショップ、AXELに日々たくさんの中古品が掲載されています。
本日は、その中で今月の一押しのお買い得品をご紹介します。

「ロータリーエバポレーター  N-21NS」ですっ!

新品定価2,350,000円が、、、
なんと!!1,350,000円(※)で販売しているんですっ!!!
※別途配送費用などが発生します。詳しくはお問合せください。

こちらの商品は未使用品の新古品として特別価格で販売してます!


ここで、せっかくなのでロータリーエバポレーターについてご紹介します(o^∇^o)ノ

化学系の実験室には、必ずある機器・・・ それがロータリーエバポレーターです!!
"エバポ" の愛称で親しまれている、 主に溶媒の除去(濃縮)のために用いられる蒸留装置です。


ちなみに、蒸留って??というと

例えば・・・
蒸発する温度(沸点)の異なる、エタノール(沸点78℃)と水(沸点100℃)が混合しているワインを
85℃で加熱すると、先にエタノールが蒸発(沸騰)して、それを後で再び凝縮させる(液体に戻す)と、
エタノールだけが分離でき、残った液体には、蒸発(沸騰)しにくい水が残る。 というアレです!


★余談ですが、アズワンでは様々な蒸留装置を販売してます!

1-4321-02 常圧蒸留装置用 共通摺合冷却器 リービッヒ冷却器 0007-02-30

3-9191-01 常圧蒸留装置 REGULAR CLASSIC 本体セット RA-01-U


2-9979-01 超高純度酸蒸留装置石英製 SHF-AS型


すみませんっ、話を戻しますと、
先ほどの蒸留のイメージをエバポに当てはめると、こんな感じです。


また、エバポは単純なガラス器具と大きく異なり、より分離しやすくなるような工夫がされた装置なんです。

①の温める部分のフラスコ。 実は、くるくる回転します!!

回転させることによって
●フラスコの壁面に薄膜ができ、表面積が増えて蒸発の効率が高まる!
●中身がまざって加熱も効率的!
●突沸※を防ぐ効果もあり!
と、蒸発の効率を高めて迅速な溶媒除去が可能になっています。

 ※突沸とは:突然沸騰し、せっかく分離した側のフラスコまで飛び散ってしまい実験やり直しという・・・
         エバポ運転時に発生しないよう、特に注意しなければいけない現象です。

あと、真空ポンプで減圧することによって、
●内容物の沸点を下げて、効率よく濃縮できる!
●蒸発しにくい物質や、熱に弱い物質も分離出来る!

など効率的に蒸留しやすい工夫がされているんです。


そんなエバポ。
構造はシンプルですが、エバポ単体では使うことができず、減圧するために真空ポンプ、冷やす為に
冷却水循環装置が必要だったり。 真空ポンプをそのまま接続すると壊れてしまったり、有害ガスが外に
漏れてしまう恐れがあるのでその対策に、廃液トラップを用意したり・・・

と、

周辺機器や色々ノウハウが必要な機器でもありますので、
エバポ一式揃えたい!という方がいらっしゃいましたら、お気軽にアズワンにご相談頂ければ幸いです。


(補足) 
その他たくさんの中古商品がAXELに掲載していますので、是非一度ご覧くださいませ~!
※中古品は、売切れ次第終了となりますので、予めご了承の程お願いいたします。

デジタル恒温水槽(樹脂製バス付)  NTT-120e



溶媒回収ユニット  DPE-1130

チラー・インバーター 低温恒温水循環装置(水冷)  CAE-1400H


その他、中古品はこちらへ
↓↓↓↓

あけましておめでとうございます! こみねぇ です。
本年も宜しくお願いいたします!!

新年1回目は、≪ レーザーマーキング ≫ について、紹介します!

「レーザーの力」は、様々なシーンで使われています。
医療や美容の分野でも、「レーザー治療」といった言葉、耳にしますよね。
身の回りでは、イルミネーションや、コンサートの照明など、華やかな演出にも
「レーザー光線」が使われたりします。

こみねぇ が、担当する特注加工では、板材のカットに「レーザー加工機」が使われていて、
他にも、放射温度計距離計など、レーザーの力を用いた「測定器」もあります。
また、宇宙物理学の分野でも、「重力波の観測」に巨大な「レーザー干渉計」が使われるなど、
スケールの大きな観測にも、レーザーの力が使われているんです!

宇宙の謎の解明にも、レーザーの力が欠かせないんですね。
日本での重力波観測にも、期待が高まっていて、わくわくしますねーヽ(´∀`*)ノ

このように、非常に多くの分野で、使用されている「レーザーの力」ですが、
今回ご紹介したいのは 〝 レーザーの力を使った マーキング " です。

アズワンの研究用総合機器カタログ2019号の紙面に

 こんなマークが、あります。

文字通り、「"名入れ"ができますよ!」 というマークです。
製品や用途、ご希望数量によって、適した名入れ方法を検討した上で、ご提案してます。

今回は、そんな名入れ方法の一つ " レーザーマーキング "の紹介です (^▽^)

まずは、レーザーマーキングの特徴を紹介します。 

【特徴 その①】  消えない

  プリンターやペンのように「インクをつける」のではなく、
  「表面を改質」させてマーキングするため、そもそも"剥がれるもの"がないんです。
  「異物混入対策」に、レーザーマーキングがオススメなんです!!
  ※鋭利なもので、材料ごと削ってしまえば消えてしまいます。。。

【特徴 その②】  多様な材質に加工可能
  例えば 〝 黒アルマイトのアルミプレート " にマーキングすると
  こんなに綺麗な文字ができます。アルミとレーザーは相性が良いんです!

ステンレススプーンの柄 に、名入れすると、、

              ↓ 

こんな感じ。  

写真ではお伝えしづらいのですが、綺麗に仕上がっています。

レーザーは、金属やガラス、樹脂、
その他、皮や木材など、様々な材質へのマーキングが可能なんです。


アズワン製品への名入れのご依頼の多くは
「 識別のために容器や備品にマーキングしたい 」 というもの。

こういった備品を、何個も使う場合、番号で管理したい、というのも、納得です(゚ω゚)

 

このように、ロゴや番号で管理できると便利ですね。

ついでに、2018年11月に始まった新サービスの製品を1種紹介します!

名入れサービス付きの樹脂ボトル↓

● ボトルの下部に、ご希望の文字(条件付き)を刻印して出荷するサービスです。
● PP製のボトルに識別ご希望の皆様は、是非、ご検討くださいね。

次に、ご紹介したいのは PFAボトルへのマーキングです。
(PFAボトル=フッ素樹脂製の容器です)

これ、すごいんです!!!

こんなお困り事ありませんか??
「少量余ったり、小分けにした溶剤を、PFAボトルに入れて保管したい。
 ・・・・・が、中身の溶剤名を、ボトルに記載できないっ 」

「シールも貼りつかないっ」

PFAは、ペンで文字が書けないですよね?

 油性ペンもこの通り。

もちろん、テープも貼りつきません (*・・)
中身の分からない溶剤のボトルなんて、危険すぎますっ!!

ということで、

「PFAボトル」へ " 溶剤名" や " 管理番号 " をマーキングしたい!
という、ご要望があるんです。

そんなPFAボトルへも、レーザーならマーキング可能なんですっ!

レーザーマーキング加工のご協力をいただいている工場にお邪魔して
マーキングの工程を見せていただきました。

まずは希望の文字の「データ」を、作成いただき、開始です!

※マーキングするデザイン毎にこの「データ版」が必要です。
 データ版の作成費用等、詳細はお気軽にお問合せください。

≪ 加工台の高さを調整します ≫

 ← オリジナル可動台

ぐるぐる ぐるぐる ・・・

ぐるぐる取手を回して高さを調整

≪ ボトルを設置します ≫

 ← オリジナルジグ

マーキング対象の形状にてきしたジグを使います

≪ 保護メガネを着用 ≫

レーザー光による眼の損傷を避けるために、着用します。

≪ マーキング開始 加工機スイッチオン ≫

上からレーザーで文字を描きます。 
その間、約十数秒。

≪ 完成!!≫

PFA製 ビッグボーイ        PP製 アイボーイ

同じ樹脂でも、こんなに違いがでるんですよ。

ザラついた文字になります。    少し薄めの仕上がりです。

 

同じ条件で、マーキングしても、対象の「材質」によって、違いがでます。
また、同じ「材質」であっても、厳密には、原料の配合によっても、違ってきます。
※製品によって、色ムラなど、仕上がりにバラつきがでる場合があります。

PFAボトルへの名入れのお悩み、レーザーマーキングで解消してみませんか?

 ご依頼お待ちしております!!

クリーンブース 【特注品 製作事例集】

こんにちは こみねぇ です。

先週紹介しました " クリーンブース " 
今回は、実際の ≪ 製作事例 ≫ を紹介しますっ!!

どんどん紹介しますよ~    ヽ(^∀^*)ノ

まずは、定番の 【ビニールタイプ】 。
小さい順に紹介してみます!!

W1024Q75_12-1+クリーンハンガーブースW900.jpg 

<W900ハンガーブースタイプ> <W1200ハンガーブースタイプ>
とってもスリムですね。
庫内のスペースが小さいので、小型のFFUが設置されています。

中には「ハンガーラック」がついています!

次は、作業台にピッタリのこちら↓

<卓上タイプ> 
" 必要なスペースだけ " クリーンな環境にしました。

続いては「通り抜け」できる仕様です。

 

<両開きカーテンタイプ>
手前と奥がスライド開閉できるカーテンがついています。 

W1024Q75_2-2+出入口両端開きカーテン式.jpg

こちらの取手で、開閉させます。

つづいて 横長タイプ ↓  

<全面 開口タイプ> 
前面全て開口!  オープンな仕様ですね。
FFUを5台使用し、クリーンな空気を供給します。

つづいて、特殊なカタチ↓

<変形タイプ> 
出入口も、たくさんありますね。

まだ、大きくなりますよー!

<2室独立タイプ>
大きな部屋が2つ。中央で仕切られています。

最後に、 "特大"なブース ↓

<特大カーテンタイプ> W13m×D9.4m×H2.8m!!
こんなに特大サイズまで!!


大きすぎて、外観写真を撮ることができませんっ。

ビニールタイプのご依頼は、こちらからどうぞ。
61-9710-41 クリーンブース別注サイズ仕様

つづいて、丈夫な 【パネルタイプ】の事例を紹介します。
まずはこちら↓

<吊り式 スライド扉タイプ>
全面扉の下のスキマ、わかりますか?
扉の下からクリーンな空気が流れていく構造になっています。

つづいては
中の装置に合わせて "特殊扉" をつけた卓上タイプ

 ⇒ 

<卓上型 特殊開閉タイプ> 
作業する部分だけ、開口できます。
クリーン環境を保持しやすいですね(^^)

パネル型の依頼はこちらからどうぞ↓
61-9624-36 クリーンブース別注 特大パネル扉仕様

おまけに 変り種の紹介です。
「ブース」ではなく、「保管庫」ですが、とっても便利!
よく、ご依頼いただいています ヽ(´∀`*)ノ

61-9710-39 クリーンデシケータ別注バッテリー充電器付

その他にもイロイロ作りました!

各種 製作事例の図面を紹介します。

クリーンブース別注 アコーディオン開閉仕様 

クリーンブース別注 2連薄型仕様 

クリーンブース別注 特大パネル扉仕様 

クリーンブース別注特大カーテン仕様 

クリーンブース別注ファスナー仕様 

クリーンブース別注特大サイズ仕様 

簡易型クリーンブースAI型別注サイズ 

こんなクリーンブースつくりたいっ!というお問合せございましたら

 まで。お待ちしております。

クリーンブースが大活躍!!

こんにちは こみねぇ です。

クリーンブースの季節ですね !!

「・・・・?」 ってなりました?  失礼しました<(_ _)>

冬は乾燥し、静電気が発生しやすいですよね。
静電気が発生すると、浮遊している 「ゴミ」や「ホコリ」を引き寄せ、
クリーンな環境を保ちにくくなるため、クリーンブースが活躍するんです。

今回は、特注のご依頼が多く、乾燥する冬場に大活躍の
" クリーンブース " のカスタマイズについて、紹介したいと思います。

そもそも ≪ クリーンブース ≫ とは
" クリーン " な " ブース " のこと。  そのまんま (゚ω゚)

 ブースは一般的に、アルミの骨組をビニールや、パネルで囲って作られます。

 【ビニールタイプ】    【パネルタイプ】

天井に「FFU」という、フィルターが入ったユニットを取り付け、
綺麗なな空気をブース内に供給するという製品です。

 「FFU(Fan Filter Unit)」が、クリーンな環境を作るための要なんです!

例えばこちら ↓ ↓

  

中にファンが内蔵されており、外気を吸い込みます。

フィルターで塵やホコリを取り除いて、  綺麗な空気だけをブースに
送り込むことができます。

一般的なフィルターを紹介します。
 ● プレフィルター ・・・ 大き目のホコリを取り除くための簡易的なもの
 ● HEPA(ヘパ)フィルター ・・・0.3μmの粒子を99.97%以上捕集可能

アズワンで取扱いがあるFFUの多くはこの2種で空気を綺麗にします。

高性能なフィルターもあります。
 ● ULPA(ウルパ)フィルター・・・0.15μmの粒子を99.9995%以上捕集可能

他にも、このようなフィルターもあります。
 ● ケミカルフィルター ・・・ 化学汚染された空気を取り除くための、"ろ材入り"

 各種ガス、化学汚染物質の影響による問題がある場合は、こいった
 「ケミカルフィルター」を使用するんです。

  

研究用機器総合2019カタログp2866より抜粋しました。
詳しく紹介しておりますので、参考にしてみてください。

ケミカルフィルターを紹介した後に、カスタマイズについて紹介するとなると、
何から手を付けたらいいのか混乱させてしまいそうですが、、、
実は、クリーンブースのカスタマイズは簡単にご依頼いただけます! ヽ(´∀`*)ノ

①クリーン度(クラス)
②タイプ(形状)
③サイズ

まずはこの3点を確認してください。
オプションもフォーマットにチェックするだけ(´∀`)
FFUの種類や、台数の選定は、お任せください。

チラシ、ご依頼フォーマットご用意しました。

クリーンブース カスタマイズチラシ.pdf (698KB)

クリーンブース見積依頼フォーマット.pdf (85KB)

こういった簡易型のブースも豊富にございます。
 【卓上小型タイプ】      【折りたたみ式】       【パイプ式】 

 

もちろん、カスタマイズ可能です!

ついでに、、、、
お客様から ご質問いただく「フィルター交換の目安」について紹介します。
長く使用していると↓ このようにフィルターが、真っ黒になります!!

  (゚Д゚;)!!

 左は、見るからに、交換時期を過ぎてますね~。

【交換の目安】
導入時と比較して、圧力損失が約2倍、または風量が約80%になった際

●クリーンルームなど  → 約3~5年

●工場や作業現場など → 半年~約1年

そろそろかな?と思った皆様。
フィルターを確認してみてくださいね。

クリーンブースのカスタマイズ製作はこちらで承っています。

次回は、クリーンブース特注製作事例をご紹介します!
いろんな形のブースが登場しますので、乞うご期待ください!!

  お待ちしております。