こんにちは こみねぇ です。

レンタルパンフレット発刊のご案内です。
レンタルアイテム数大幅UPです。 

特に、研究・実験機器関連品、食品衛生、分析機器のラインナップを拡充しました!!

研究室で製品の購入を検討する際に、「効果を確認してから購入したい」時や、突発的に必要となった場合などはレンタルが便利ですよね。

「2ヶ月だけ借りたい」
「試しに使ってみたい」
「メンテナンスに出している間の代用品ある??」
「この時期だけ必要なんだけど、、保管とメンテナンスが面倒なのでレンタルがあれば・・」

などなど、様々な声をいただいていました。
お客様の様々なニーズにお応えできるよう、レンタルアイテムを増やしております。

この12月から新しく追加したのは166アイテム
今回は、オススメアイテムを4点紹介しますっ!!

【オススメアイテム その1】
まずは、こちらのカメラです。
FLUKE製 超音波カメラ ii900   ※新品定価1,980,000円
63-6329-92-60   レンタル5日 99,000円 

見た目はまるでサーモグラフィーです。
画面の、赤くなっているところが、熱ではなく 「音」 なんです!!

「音を見る」ためのカメラです。

こんな時に役立ちます
天井の付近の配管のエアー漏れ確認

超音波カメラがあれば、脚立を使って近づく必要がありません。
天井付近の、矢印部分のエアー漏れをすぐに確認することができます!!
最大50m先まで確認が可能!※現場の環境により異なります。

大規模な施設内のエアー漏れのチェックにかかっていた時間を大幅削減することでコストダウンにつながります!!

・大型圧縮空気/真空システムを有する施設
・大型エアコンプレッサを導入している工場
・空気監査漏れ検査サービスを契約しているプラント

など、さまざまところで活躍します!!
初心者でも、簡単にチェックできるので、短期間のレンタルするだけでも一気に作業が進むのではないでしょうか。
画面をデータで記録することもできるので、報告書の作成もスムーズです。

本当に、見逃さずチェックできるの??
誰でも使える??

・・・と、思った皆様。是非レンタルで効果をご確認ください(^^)

ご紹介チラシ
産業用超音波カメラレンタルチラシ.pdf(635KB)

【オススメアイテム その2】
次にご紹介するのは・・・

食品微生物検査キット DDSシリーズ レンタル
微生物検査手順を習得するために必要な機材が、一式揃っています。
レンタル代表品番:2-7570-31-60 (¥70,000-/5日レンタル費)

こちらの10アイテム揃っています。
3-3631-01 バッグミキサーE-Mix (型番:primo)
1-6035-11 パーソナルインキュベーター (型番:PIC-101)
6-9743-21 小型高圧蒸気滅菌器 (型番:KTR-2322)
2-4215-01 秤量・処理サンプル採取用バッグスタンド (型番:BG-SA)
1-5164-12 電子天秤 (型番:IB-1K)
6-492-02 ホースレスバーナー (型番:APT-L)
1-1903-24 ビオラモピペット (型番:4640390)
2-692-11 ハンディーコロニーカウンター
6-531-02 ステンレス製ピンセット (型番:150mm)
検査2-7442-01用ハサミ (型番:TE-2007)

これだけ揃っていると、導入コストも、準備の手間も、省けますね。
「講習・実習時」など一度に複数必要になる時などもオススメです。

・食品検査導入時のお試し
・講習・実習イベント
・予算確保出来るまでに
別途有償で、講師による現地での検査指導も実施可能です。※都度見積となります

【オススメアイテム その3】
最後は、ATP測定器 ルミテスター。
ルミテスターPD-30 (ATPふき取り検査システム) レンタル 60486シリーズ




ルミテスターSmart(スマート)(ATPふき取り検査システム)  レンタル

レンタル人気アイテムです!!
洗浄不足に起因するトラブルを未然に防ぐための必須アイテムです。
食品製造、飲料製造、外食・給食施設、海外監査、工場監査、店舗監査、
感染対策室、中央材料室、内視鏡室、透析室、ME室、歯科、栄養科・・・・あらゆる現場の衛生管理に適しています。

いつでもどこでも手軽に、衛生検査ができるので、様々なところで使用されています。

チラシもございます。
ルミテスター レンタルチラシ.pdf(760KB)

【オススメアイテム その4】

多チャンネルデータロガー 校正証明書付 GL840-Mシリーズ レンタル

最後はこちらのロガーです。なんと!!校正証明書付のレンタル品があるんです!
出荷前に校正作業を行いますので、到着後すぐにご使用出来ます。





標準20チャネルから最大200チャネルまで拡大が可能なロガーです。

校正証明書付のロガーをレンタルできれば、ロガーの校正周期の管理をする必要がなくなりますね。
定期点検の強い味方です(^-^)

工場内の電気炉や冷蔵庫の庫内温度のチェックやバリデーションを行う際など、
複数まとめてレンタルすると管理も楽でオススメです!!

いかがでしたでしょうか。
限られた予算の有効活用として、
煩雑な資産管理の解消に、レンタルをご検討ください!!

ESD対策 ~導電シートカットサービス紹介~

こんにちは こみねぇ です。

空気が乾燥する冬場には、静電気が起こりやすくなります。

精密機器や、半導体部品、電子部品などを扱う工場では、生産から搬送、梱包に至るまで静電気による不具合対策を入念に行う必要があります。静電気によるホコリの付着や、微量な電流による静電気破壊・絶縁破壊など、様々な問題を回避するために静電気対策が必要です。

静電気対策=ESD(electro-static discharge)対策ともいわれます。

 例えば、このような電子回路を扱う現場では・・・

イラストの中だけでも、A~Lまで、 静電気対策が12箇所も!!
それぞれ、どんな対策か、分かりますか?
詳しく知りたい方は、どうぞ こちらをご覧ください。

今回紹介したいのは、ESD対策の中でも、意外と手がかかる 
イラスト L の導電シートの設置に関するサービスです。

設置場所に「ピッタリのサイズ」があれば問題ないのですが、
無い場合は設置場所に形状にあわせて「カット」する必要があります。

机の上だけでなく、部品を保管する棚板全てに、など、大量に設置することもあります。

今回は、そんな時にオススメ! こちら↓の加工サービスを紹介します!!

このサービス、とってもシンプルなサービスです。

アズワン取扱いの導電シートを、ご希望のサイズにカットして、お届けするというもの。

※原反ロール材料一式の買取りとなるため、通常は「端材」も同梱し、納入します。

ご依頼時に必要な情報は、

カットご希望の製品情報 と 「サイズ(形状)」 と 「枚数」 のみ。

例えば・・・・

このようにカットし、端材ごとお届けします。
ご希望のサイズによって原反ロールのサイズを選定します。そして、効率よくカットできる向きでカットします。

大量の場合は「型」を用意することもあります。

角をくり抜いたり、面取りカットにも対応可能です。

シートの厚みは通常2~3mmなので、特別な道具がなくても切れちゃいます。
このように、一般的なカッターナイフでカット可能です!!

広い作業場があって、「ゴムのカット作業ならお任せあれ」という現場であれば、難なくカットできます。
しかし、慣れない現場では、広げて、測って、カットするとなると、非常に手間と時間がかかってしまいます。床を傷つけないよう敷物も必須です。

10mのロール、結構重たいんです。
例えば・・・・ サイズ1000mm幅×2mm厚×10mのロール どのくらいの重さかわかりますか?

  ↓

  ↓

  ↓

答えは、 約29kg!! 重たいですっ

ロールを運んで広げるだけでも、一苦労ですね。
大量のカットは大変、作業場も時間も無いっ、という皆様。
是非カットサービスご利用ください。

同様に、粘着マット(クリーンマット)もカット可能です。

チラシも用意しました。
粘着マット・ESDシートカットチラシ.pdf(744KB)

ご依頼はこちらのフォーマットからが便利です。
粘着マット・ESDシートご依頼用フォーマット.pdf(50KB)

ご活用ください。

特注に関するお問合せは
 まで。お待ちしてます!

るつぼへの名入れ ~番号をいれて管理ラクラク~

こんにちは こみねぇ です。

今回は「るつぼ」の名入れについて紹介します。

るつぼ(坩堝)とは・・・耐熱性に優れた湯飲み型の容器です。様々な材質、様々サイズ、形状のものがあります。
材料の分析や、熱による反応を観察する実験、また材料を溶かしたり、合成する際にも使用されます。

様々なパターンで、比較実験をすることも多いので「1、2、3・・・」とか 「A、B、C・・・」というように
容器に識別用の文字があると、間違えにくくなり、作業性がUPするんです!!

「石英るつぼへの番号入れ」を紹介します。

アズワンの2019カタログに、このように、「肉盛り加工が可能です」と紹介しているのですが、
その「肉盛加工」が、こちら↓です。

味のある数字ですね!!

「肉盛」とは、同じ素材の石英のムク棒をバーナーの火で溶かしながら、器具に文字を書くように付ける加工方法です。

1点1点、職人さんが手で加工するんです!
そのため、完全オリジナルの、味のある文字で仕上がるんです。

細いムク棒を使用するため、火のあたり方が強いと、ダレてしまい文字が書きづらくなります。
火のあたり方が弱くても、思うように曲線が描けなくります。


器側も、火のあたり具合を、うまくコントロールしないと、文字が描けなくなってしまいます!
手元で、棒と器の溶け具合を微調整する、という非常に繊細な作業なんです。

しかも、石英が溶ける温度は1000度以上!!

とても、手元で作業できる気がしませんっ(゚ロ゚;)
数字やアルファベットを書くなんて、まさに熟練の技!!
「小さい文字で描いて欲しい」とか、「ゴシック体で」などといった
細かい希望には、お応えできないです<(_ _)>

こちらの長い棒が、材料となるムクの石英棒です。

側面に描いた文字を、焼付けている様子です↓ ※こちらは石英ビーカーです。

見るからに熱そうですね。

1~5まで並べてみました。

1点1点職人技で番号を入れた石英るつぼで、実験を少し便利にしませんか?

ご希望の条件によっては、肉盛ではなく、レーザーで加工する場合もあります。
※材質(純度)や、形状、名入れ位置によっても加工の可否が変わります。
また、数量によっても条件が異なりますので、都度ご相談ください。

石英以外のるつぼへの名入れも可能です。


アズワン取扱いの「るつぼ」のから様々な材質のるつぼを紹介します。
中に入れる試料や、加熱する温度、熱伝導、使用量、扱い方、価格などを考慮し、るつぼを選定してくださいね。

≪磁性≫ 安価で導入しやすいです。
      

≪石英ガラス≫ 不純物が少ないです。

≪セラミックス (アルミナ)≫耐熱に優れ、工業用にも使われます。

≪炭化ケイ素≫ 耐熱衝撃性・耐酸化性に優れています。 

≪ニッケル≫ 割れる心配がありません。

≪PTFE≫ 樹脂の中では耐熱温度が高いです。
 

≪白金≫ るつぼの王様! 高価!不純物の心配もナシ! 
 

ほかにもイロイロなるつぼがあります!!

このるつぼに、番号を入れたい!というご要望があれば、是非お問合せください。
※製品によって名入れ方法、条件が異なります。

 まで。おまちしてます!

グローブボックス 全固体電池の研究でも活躍

こんにちは こみねぇ です。

今回は、研究者の方々にとってはお馴染みの
グローブボックスの特注について紹介します。

グローブボックスといえば、化学系、材料関係の、研究室の皆様にとっては非常に馴染みのある装置ですよね。

グローブボックスとは、特定の雰囲気で作業するための密閉された箱です。
主に箱の中を「不活性ガス」の雰囲気にした状態で使います。
手で作業できるように手袋が付いています。

グローブボックスという言葉は、英語の育てる「grove」と箱「box」の組み合わせでできた言葉です。
「手袋」を取り付けて追加いますが、手袋の「glove」+「box」では無いんです。


グローブボックスは汎用性な装置で、簡易的な実験用途から、最先端の実験まであらゆる研究に使われています。
そのため、簡易的なものから大型装置まで存在します。
実験内容にあったグローブボックスを選定してくださいね(^^)

アズワン取扱いのものを一部紹介します。

ビニールで覆った簡易タイプ
2-2003-01 簡易グローブボックス 2200ANM/XL

アクリル製の簡易型タイプでガス置換が可能なタイプはこちら
グローブボックスガス置換用(※真空引きはできません)

  

つづいてこちらはアクリル製の真空グローブボックスです。

オールアクリル真空グローブボックス


ステンレス製は、数千万円もする、大掛かりでハイスペックなものもあります。

フロー型グローブボックス
(本体はガスフロー、パスボックスは真空ガス置換が可能

目的に合わせて「カスタマイズ」することも多いんです。

オリジナルのグローブボックスを使って実際に研究されている大学の先生のお力をお借りし、
グローブボックスを使用されているところご紹介します。

ご協力いただいたのは、、、

日本工業大学 応用化学科 白木研究室 です。
電池材料研究、全固体電池実験にステンレス製グローブボックスを使用されています。

「全固体電池」、ご存知でしょうか?耳慣れない方も多いですよね。
実は、近年研究が盛んになってきているんです。


従来のリチウムイオン電池につづく車載用のバッテリーとしても、注目されています!

現在使われている電池には「液体」が使用されています。

電池の液漏れ、見たことありますよね? 
白い粉が電池の外側についていたり、ケースに漏れてざらざらになっていたり、、。
電池から漏れた液は危険ですので、皮膚や衣服に付かないよう気をつけてくださいね。

液体電池の「固体化」が実現すれば、液漏れの心配がなくなりますね!!
「安全性」の他、パワーがあるため「小型化」も期待できるなど、全固体電池にはメリットがいっぱいなんです。

そのため、世界的にも「全固体電池」が注目されているんです。

こちらが、そんな「全固体電池」の研究に欠かせないグローブボックスです。

ステンレス製の「真空」タイプです。
ガス置換を行い、「酸素」「窒素」「水分」を除去することができます。

実験で使用する電池材料が「酸素」「窒素」「水分」に反応してしまうのを防ぐために、それらを除去した環境を用意する必要があるんです。

「酸素」「窒素」「水分」の無い環境の下で、作業をするために必要なのが、「グローブボックス」なのです。

「電解液電池」と「全固体電池」の特性を、グローブボックスのなかで比較します。

このグローブボックスの、3つのポイントをご紹介します。

①オリジナルサイズ 
  ボックス内でコインセルをかしめる機器を使用するため、広い作業スペースを設けています。


②真空蒸着装置との接続が可能
 実は、このように接続されています↓

大掛かりですね。電池の研究には蒸着装置との接続が欠かせません。

蒸着装置のなかでサンプルを蒸着します


「フランジ」と接続できるよう、グローブボックス側にもフランジを特注でとりつけています。

③グローブボックス内の雰囲気を一定に保てる
 サンプルに影響を与える、酸素・水分濃度を1ppm以下に保つため、監視用モニターを設置しています。

蒸着したサンプルをグローブボックス内でセットすれば電池の完成です。

トムセル、コインセルが出来ました。コインセルは、直径わずか20mmです。

コンパクトでパワフルな、全固体電池の実用化に期待したいですね。

今回ご紹介した全固体電池の研究に限らず、ステンレスグローブボックスを導入する際は
「オリジナルサイズ」での設計、手持ちの機器との接続可能な「フランジの特注」などが便利です。

各タイプ、ご希望に応じた特注製作を承っていますので、
導入をご検討の際はこちらよりご依頼ください。
63-4218-84 SUSグローブボックス 特注製作

ステンレスのグローブボックスは、実は使用しなくなったものを、仕様を変更して再利用することもあります。
ベースの箱の再利用し「コンセント、フランジ、端子」などを追加加工することが可能です。
また、精製装置や、酸素濃度計を取り付けるなどして、再利用することもあります。

1から作るより、導入コストがおさえられます(^^)

チラシもご用意しました。ご活用ください。
SUSグローブボックスチラシ.pdf(566KB)

特注に関するお問合せはこちらまで

 

化学物質含有調査もおまかせください RoHS2.0も!

こんにちは  こみねぇ です

今回は「分析サービス」の紹介です。

アズワンでは様々な規制、法令、認証に対応する
「化学物質の受託分析調査」を行っているんです。


44-0200-09
RoHS(RoSH2)規制物質 含有分析サービス

今回は、分析サービスのなかから「RoHS」についてご紹介します。
 RoHS ⇒ 「ローズ」と読みます。
今年2019年7月22にRoHS指令の対象物質が追加されたこともあり
関係者の皆様にとっては、ホットな話題ですよね。

現在は 「RoHS2」指令となり、計10物質が対象となっているんです。

そもそもRoHS指令とは何か、簡単にご紹介します。
【RoHS】
The Restriction of the use of certain Hazardous Substances in electrical and electronic equipment   の略です、、、、長い(゚ロ゚;)
⇒ 電気電子機器に含まれる特定有害物質の使用制限 です。

2006年7月1日に施行された欧州連合の「環境規制」です。

電気電子機器を廃棄する際、人体や、環境に有害な物資がで出る可能性がある製品の流通を制限するというもの。
作るとき、使うときのことだけでなく、廃棄するときの環境への影響も考えようという動きです。
地球の未来を考えると当然の流れですね。今後、こういった考え方が浸透し
EU以外にも、こういった規制が増えていくのは、想像に難くありません。

もともとは下記6種類の物質の電気・電子製品への使用が制限されていました。

【2006年7月1日施行 6物質】

1.鉛
2.水銀
3.カドミウム
4.六価クロム
5.ポリ臭化ビフェ二ール(PBB)
6.ポリ臭化ジフェニルエーテル(PBDE)

これらの6物質に、以下の4物質が2019年7月22に追加されました。

【2019年7月22日追加 4物質】

1.フタル酸ビス (2-エチルヘキシル)(DEHP)
2.フタル酸ブチルベンジル (BBP)
3.フタル酸ジブチル (DBP)
4.フタル酸ジイソブチル (DIBP)

カドミウムは100ppm、他は1,000ppmを超える量を含む製品はEU加盟国に輸出できません。
物質名だけでは、分かりづらいですが、これらの物質は、身近な製品に使われているものも多く、
取り除くのは容易ではありません。

以前、こちら↓で紹介したようなゴム製作にも、可塑剤としてフタル酸系の物質が使われることがあります。
https://www.as-1.co.jp/spg-blog/2019/06/post-35.html

素材メーカーでは、必要に応じて、対象材質を除くなどの対応が求められます。
電気・電子製品のメーカーでは、調達材料の管理の徹底が必要となります。

電気・電子製品のメーカーでは、調達材料の管理だけではなく、製品の「含有調査」も行い
規制物質が含まれていないと「証明」出来るよう、徹底した管理が求められるようになっています。

実は、複数の材質が、重なり合ったり、隣り合わせになっている場合、
含まれている原料の物質が「移る」ことがあるんです!
 ※フタル酸は移行性を有しています
  (接触により他の材質に移動する性質をもっている)

原料にフタル酸が入っていないはずなのに、製品からフタル酸が検出されるということがあるんです。

完成品に対象物質が含まれていないことをきっちり証明するたに必要なのが「化学物質含有調査」なのです。

実際に分析を行うときには、お預かりした部品の前処理を行います。
(お客様にて分解したものをお預かりすることも可能です)


【試料前処理】  試料形態や各種法令に基づき最適な前処理を行います。

元試料 

  ↓
 分解

  ↓
 粉砕、裁断

  ↓
 素材ごとに均一化


このように適切に分けて分析を行うことで、規制を上回る値が検出されたときの「原因」をスムーズに特定することができます。

【分析測定】 さまざまな分析装置を用いてご要望のデータを出します。

GC-MS


チャンバー

ICP-MS

燃焼IC

 ↓

【結果提出】 お客様に調査結果を報告いたします。

AXEL検索サイトでも「ROHS対応」と絞り込むと、電子機器部材などが沢山でてきます。
グローバル展開している電気・電子製品メーカーでは、このように「RoHS対応」として販売することが一般的になってきています。

規制されていない日本国内で使用する場合でも、RoHS2対応品を選択することで
環境を考えた行動をとることができますね。

こんにちは こみねぇ です。


今日は、「純水・超純水」のお話と、それを作る「純水・超純水製造装置」の
定額レンタルサービス(Q-Rental)ご紹介します。

Q-Rentalとは
研究スピード、サイクルが加速化し、研究スタイルも多様化しながらも限られた予算と時間で
成果を求められる昨今の研究現場において、機器等のの購入使用というスタイルが適切なのか?
という声にお応えして、必要な特に、必要なものを、必要な期間だけ使うという未来に選択肢を残した
新しいラボスタイルを提案します。「Q-Rental」は、メルクの超純水・純水製造装置とアズワンの
レンタルサービスのコラボレーションにより生まれたタイアップ製品です。


純水製造装置レンタルチラシ.pdf(990KB)




とっても身近な水ですが、目に見えない様々な不純物が含まれています。
飲料水は、適度な不純物(ミネラル)が含まれていることで、味がおいしく
感じますが、実験で使う水はこの不純物が結果に悪影響を与える場合が
あるので、最適な精製方法で不純物を除去し、その水質を維持しなけれ
ば、安定した実験結果が得られません。

【水に含まれる主な不純物】
・無機物:カルシウム、マグネシウム、塩類、重金属など
・有機物:環境ホルモン、合成洗剤、農薬、エンドトキシン、RNaseなど
・微粒子:鉄さび、コロイドなど
・微生物:細菌、藻類など

実験で使う水で、不純物を除去した純度の高い水を「純水」といい、
より純度の高い水を「超純水」といいます。

ちなみに、純水と超純水の明確な区分は、統一のルール・定量的な値
がないので各社表現は異なりますが、1つの表現例として
超純水は、導電性の不純物を除去し、比抵抗値が、18.2MΩ・cm

(水温25℃)の最大値に達したときの状態を呼ばれることがあります。
(一方、18.2MΩ・cm(水温25℃)に満たない水を純水といいます。)

ただし、上記の有機物や微粒子、微生物などの不純物を含む可能性が
ある為、現在は、「比抵抗値」だけでなく、「TOC値」などを併用して水質
を表しています。

※比抵抗値:"電気の流れにくさ"をあらわしており、水の中からイオンを
         除去するほど、電気は流れにくくなります。

比抵抗値は大きいほどイオンの少ない純水となります。
理論上の最高の超純水は18.2MΩ・cmと言われております。

※TOC値:Total Oganic Carbonの略で有機物の量を表します。
基礎研究用・分析化学・バイオ実験用超純水・純水のJIS規格のA4クラス
では0.05ppm以下と定義されております。

また、実験で使う水の一例として、日本工業規格(JIS)では、
「用水・排水の試験に用いる水」として水質の規定を設けており、微量成分
の試験にはA3もしくはA4の水が用いられています。


このように実験で使う純水・超純水は、色々な方法によって精製し不純物を取り除きます。

【精製方法および純水製造装置の一例】
イオン交換

比較的安価で、水道水に直結して簡単に使用できるものが多いです。
イオン交換樹脂というものを使って、無機物のイオン除去に優れており
比抵抗値を高めますが、有機物の除去は苦手です。

イオン交換樹脂は定期的に交換が必要な点と、微生物などは除去できず
ボンベ内で増殖する可能性もあるので、定期的なメンテナンスが大切です。
また、イオン交換を改良し、長期間除去性能が維持でき、イオン交換樹脂
の再生が不要になる、連続イオン交換という方法もあります。


蒸留

沸騰する温度の違いを利用し、不純物を含む水から水だけを気化させて
回収する方法です。水中の不純物を全般的に除去できますが、水よりも
低い温度で沸騰するものや、揮発性の高い元素は分離できないのと、
加熱して気化させ、冷却させる為に他の方法に比べ電気代がかかります。

RO(逆浸透)膜+連続イオン交換

RO(逆浸透)膜とは、膜に通過させることで、4種類の不純物を効果的に
除去出来る方法です。
水は透過させるけど、水に溶解した不純物はほとんど透過させない性質
をもつ「逆浸透膜」で、不純物濃度の高い水と低い水を仕切ると、その
浸透圧の差によって濃度の低い側から高い側へ水がひとりでに抜けて
しまいますが、逆に濃度の高い側に外から浸透圧の差を超える圧力を
かければ、水分子だけが濃度の高い側から低い側に抜けます。
この現象を「逆浸透」といい、この原理をつかって、水道水に圧力をかけて
無理矢理、逆浸透膜を通過させることで、不純物を除去した水を精製する
ことが出来ます。

逆浸透膜は、他の精製方法では除去しにくい水中の有機物や微生物、
イオンも効果的に除去でき、メンテナンスもほとんど必要としないのですが、
精製された水の水質が、原水の水質の影響を受ける為、より高純度な水質
を精製する為、さらに連続イオン交換を組み合わせた純水製造装置があります。


このように、色々な純水を精製する装置がありますが、購入するとなると。。。

1.かなり高額(予算申請が必要、購入後は固定資産管理の対象)
2.管理が手間(定期的にフィルター交換が必要)

と、結構大変です(゚ロ゚;)

そこで、今回、純水製造装置の有名メーカー:メルクさんとコラボして
純水・超純水製造装置の定額レンタルサービスを開始しました!!

★期間限定プロジェクトで購入せずに一定期間使用したい。
★固定資産にせずに、運用したい。
★一旦レンタルして、見通しが立った際に選択(買取、延長、返却)したい。

などなど、購入でお悩みの方は、まずはレンタルでいかがですか?
純水から超純水装置、最新のモデルまで一通りの機種をご用意しています!
レンタル開始時に、新品の消耗品にフル交換するので、水質も安心~♪
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
1.イオン交換水製造装置Milli-DIキット 卓上スタンド付 レンタル


2.超純水製造装置 Simplicity UV レンタル
  ※ポット式だから工事不要!どこでも使えます。
    純水を補充すれば超純水が製造できます!

3.水道水直結純水製造装置Direct-Q UV3 レンタル
  ※水道水に直接つないだら超純水が作れます!

4.純水製造装置Elix Essential UV5 レンタル
  ※環境試験機や洗浄機など、純水が必要な機器のレンタルとセットで。

5.超純水製造装置 Milli-Q IQ7000 レンタル
  ※水銀フリーUVランプを搭載!最新モデルがレンタル登場!!
   ご使用には別途純水製造装置が必要です。


メルクさんとのコラボパンフレットも制作しました!
是非一度ご覧くださいませ。

純水製造装置レンタル.pdf(990KB)

アズワンでは、他にもたくさんのレンタル機器を取扱しております。


こんなレンタル機器があったらいいな!のご要望もお待ちしております。
https://axel.as-1.co.jp/contents/rental

こんにちは こみねぇ です。

研究者の皆様!!
日々の研究でこんな ↓ お悩み、ありませんか?

・「単純作業」に時間がかかりすぎて、本来の研究に注ぐ時間がない。
・試料の観察のために、研究室から離れられない。
・同じ作業なはずなのに、作業する人によってバラツキがある。

などなど。

今回は、そんな悩みのもと 「単純作業」 をロボットに代行してもらい、
「時間」「正確な作業結果」を手にいれる!という事例を紹介します。

「単純作業から解放」され、本来の研究に注力できます!!!

それを実現するためのロボット。こちら↓↓↓です。
3-703-01 スライダ3軸ロボット TX-300 

???
この状態では、どんな作業が可能なのか、想像しづらいですよね?
このままでは、動きません。

こちらをベースに、「設計」が必要です。

希望どおりの動きを実現させるには、
「プログラミング」のスキルだけでなく、取付け部品などを作る「加工」の技術」も必要です。

忙しい皆さんが、「ロボット作り」に時間をかけるわけにはいきません。

昨年発刊のアズワン総合カタログ2019にこのようなページがあるんです。
アズワンにご依頼いただければ、オリジナル仕様の研究用ロボットを作ることができるんです!

ロボットご提供までの流れを簡単に紹介します。
お客様のご要望によって様々ですが、例えばこのような感じです。

≪ ヒアリング ≫
●作業内容についてのお聞き取り
  どういった作業の自動化をしたいのか
  どのような機器を使いたいのか
  時間、位置の「精度」はどの程度求めるのか

●使用イメージ、納品状態についてのお聞き取り
 ボタン1つで動かしたいのか(操作手順の簡素化が必要か)
 制御プログラムは自分でくむのか
 外観に関するご希望の確認(コントローラーのカバーや、囲いが必要かなど)
   ↓
≪見積提出≫   
   ↓ 
≪設計図面の提出≫  
   ↓
≪ご発注≫
   ↓    発注から1.5~2ヶ月程度 ※内容によります
≪納品≫  

いかがでしょうか。

オリジナルのロボットが、簡単にできてしまうこと伝わりましたでしょうか。
では、研究室の単純作業の定番 「分注」 の事例を紹介します。


まずは、≪ヒアリング≫
たとえば、、アズワン取扱いのこちらのピペットを使って

96wellプレートに分注したいという場合、

通常は、こんな感じですが、、、

これが、ロボットだと。。。 こんな形状になります!!!!!

≪設計図面の提出≫

※ヒアリング内容に応じて、使用するピペットや、プレートを固定する治具なども製作します。


そして、
≪納品≫




※もちろん、ロボットだけでなく、制御するモーションコントロール部分も必要なので、
 ちゃんとご用意します!

うーん、配線が複雑・・・

でも実際の制御は、パソコンで簡単にプログラミングできます~ヽ(^∀^*)ノ



実は、この分注ロボット、
JASIS2019展示会(2019年9月4日~9月6日)で初披露します!!!

3軸の動き+「ピペットの操作」も実現!!是非、一度見に来てくださいませ!

ロボットにピッタリの作業です。
正確に分注しつづける、という地道な作業から解放されますね(^^)

他にも

・一定時間毎に、設置したカメラで「撮影する」
・10分後裏返しにして、5分後また戻して、、、と繰り返す作業

こういった研究室で行う地道な作業の代行にはもってこいです。

≪ロボット導入のメリット≫
1:時間の確保  単純作業からの解放!!!
2:正確性     人によるムラや、ミスがなくなる!! 材料のムダも減ります。

皆様の周りの、単純作業、自動化できそうなもの、お心当たりありますか?

最後に、アズワンの研究用ロボットの「イチオシ」ポイントを紹介します。
導入後の 『再カスタマイズ』 が可能ということです。

作業手順が変更したり、使用機器が変更したり、、、と、
研究には手順変更や、見直しがつきものです。

そんな時、使用中のロボットを再度カスタマイズして次の作業にあわせて、
使用できるように、加工も可能なんです!!

今回の分注ロボットだと、この赤いスペース(200×200mm)の動きを
自由に再カスタマイズできます!!
1から再製作するよりずっとお得です!!



アズワンロボットのチラシもご用意しました。

アズワンロボット特注レンタルチラシ.pdf(855KB)

「単純作業から解放されたい」という方。
「こんな作業の自動化もできる?」と疑問をもたれた皆様。
レンタル機で試したいという皆様。

こちら↓から、どうぞお問合せください。
63-4150-46 研究用ロボット 特注製作


アズワンロボットが、
研究者の皆さまにとって、より本来の研究に時間を費やすことの出来る
環境作りのお役に立てれば幸いです。

ニオイのもとを「簡易ブース」で囲いました

こんにちは こみねぇ です。

今回は、" ニオイ " という目に見えないお困り事の解決を紹介します!!
有機合成の実験や、分析化学の実験など、様々な試薬から発生するニオイを
活性炭を使ったブースで解決します。

先日、液体クロマトグラフィーの実験を行っている研究室から
「この液クロからのニオイ、なんとかできないか?」
とご相談をいただきました。

苦手なニオイだと、気になり始めたら、集中力がなくなってしまいますよね。
ニオイが、研究の妨げにならないよう、対策をしなければなりません。

今回のご依頼は、研究室のスペースの都合上、「ニオイの発生源にだけ」
ブースを設置したいというもの。

机のうえは装置でいっぱいです↓↓ スペースは、ほぼありません。


ニオイのもとはココです!
↓↓↓↓↓

 

ココさえ覆ってしまえば!!
ドラフトのような「簡易脱臭ブース」を、ぴったりサイズで製作しました。

専用のスペースが完成!! ぴったりです。
上には、「活性炭」の入った脱臭ユニットがついていて、活性炭がニオイを吸着
してくれます!

においのもとが明確であれば、活性炭の吸着効果もこちらで確認可能です。

https://axel.as-1.co.jp/contents/assre/column/tech5-1

皆様の実験室でも、気になるニオイの発生源があれば、検討してみてください。

馴染んでいますね(^_^) 
あたかも、初めからブースがついていたようなフィット感です。

悩みのもと、ニオイが軽減し、快適な研究室になりました!!

大掛かりな「ヒュームフード(ドラフトチャンバー)」を導入するほどの実験(
ではないが、ちょっとしたニオイが発生する、というときに便利です。

今回のような簡易ブースのご要望があればこちらからのご依頼が便利です↓
63-5383-82 卓上型簡易排気ブース 特注製作

チラシも用意しました。
簡易排気ブースチラシ.pdf(722KB)

※有機溶剤中毒予防規則(有機則)や特定化学物質等障害予防規則(特化則)
に該当する試薬を使用する場合は、ヒュームフード(ドラフトチャンバー)と呼ばれる
局所排気装置の設置が必要になります。

(おススメのヒュームフード) 低風量タイプALBシリーズ

・従来タイプより約40%少ない排気風量で高い封じ込め性能を発揮します。

ちなみに、アズワンでは局所排気装置に関する専門部署がございますので、
ご不明点があれば、お気軽にお問合せくださいね。
ご使用環境によって、最適なヒュームフード、ガスの洗浄スクラバーを選定し、
ダクト工事などの各種工事や局所排気装置の届出に必要な"局所排気装置摘要書"
の作成まで対応しています。
↓↓↓↓
お問合せはコチラまで


特注に関するご相談は

  まで。お待ちしてます。

こんにちは こみねぇ です。

今回は、セラミック管状炉の特注製作について紹介します。
管状炉とは、その名のとおり、加熱部が「管状」になっている炉です。
炉心管と呼ばれる管状の物を中心にセットします。(石英管、磁性管などの様々な材質の「炉心管」があります。)
用途にあわせて炉心管の材質を選定し、その中に試料をいれて焼成します。

周囲がヒーターとなっているので、セットした炉心管全体を効率的に加熱することが出来るんです!


中は、どのような構造になっているのでしょう?
開けると、、、↓

炉心管を設置する中央部を、ヒーターがぐるりと囲む構造になっています。
そのため、空間の多いチャンバー(箱)型の炉に比べ、熱効率、温度分布が良い」んです

安定した環境が実現するので、実験にもってこいですね(^▽^)

単体で使用したり、装置に組み込んで使用するなどして、
幅広い用途で使われます。

例えば・・・
・半導体の熱処理研究
・金属開発における基礎反応用の炉として
・燃料電池の開発   

などなど

「管状炉」は、一般的なチャンバー型の電気炉と比べ、どんな特長があるのでしょう。

≪管状炉の特長≫
・炉内がパイプ形状になっているため熱効率がよい
・炉心管内部のガス雰囲気制御が簡単
・カスタマイズしやすい(2ゾーン、3ゾーン式のものなど)
 条件を細かく変えることができるので、研究用途にぴったりですね。

さて、カスタマイズを得意とする管状炉ですが、
今回、紹介したい事例は こちら↓


「3ゾーン式管状」に「フランジ付きの架台」を取り付けました。
このフランジから「不活性ガス」を導入するんです。

この特注品でどのような実験をするのか、というと、、。
●試料が不活性ガスの雰囲気下で熱処理しするとどうなるか? を調べる実験で使うそうです。

さらに、この特注品は、温度を制御を3ゾーンで行うことができます!
また、フランジから、真空ポンプを使って酸素追い出し、不可性ガスを導入することもできます。

※ちなみに、3ゾーンというのは、1つの管状炉で、3箇所の温度制御を同時に行うことが出来るんです。
 (1ゾーンだと1箇所、2ゾーンだと2箇所の温度制御ができます)





もう1つ紹介します。


炉の向きが90度傾けて架台に固定した「縦型タイプ」です。

実は、こういった「向き」を変える特注は、珍しくないんです。
縦型が、どういった時に便利か、説明しますっヽ(^∀^*)ノ

縦にすると、上から試料を入れて、下から出すことができます。 その逆の場合もあります。

炉心管の中に、「耐熱フィルター」をいれて「 特定のサイズの試料だけ下から取り出す」 といった、使い方もできるんです!!

縦型も便利ですね(^^)

「アルミフレーム」を使えば、架台を自由に設計できます。
単結晶育成熱処理炉として使用するためのスライドレールなども、このアルミと組み合わせて製作できます。

管状炉単体のみならず、前後の工程が スムーズになるよう、
架台ごと カスタマイズが便利です!!

セラミック管状炉の特注のご依頼はこちら↓どうぞ。
https://axel.as-1.co.jp/asone/d/63-4218-71/

チラシも用意しました。
電気管状炉 特注製作 チラシ.pdf(562KB)

特注品のお問合せは
まで、お気軽にお問合せください!

白金製品 ~使用品の≪改鋳≫がオススメ~

こんにちは こみねぇ です。

今回は、白金製品の「改鋳」について紹介します。
「改鋳」⇒「カイチュウ」と読みます!!

「改鋳」とは ⇒鋳造しなおすこと。
白金の場合、老朽化した製品を材料として、鋳造しなおすことが出来るんです。

研究室にある白金製品といえば、どのようなものを思い浮かべますか?
王道は「るつぼ」でしょうか。

他にも「蒸発皿」

よく使われますね。
白金付「トング」も欠かせません。

「白金」=「Pt(プラチナ)」 です。

プラチナといえば、金と同様、宝飾品のイメージが強いですが、
白金は、宝飾品より産業用として利用の割合の方が多いんです。

≪白金の特長≫
・化学的に安定している
・酸に対して耐食性が強い (王水以外には溶けない)
・耐熱性に優れている    (融点は1700℃以上)

酸を扱う研究室などでは、欠かせない材料なんですっ!
以前に、こちら↓ブログで白金電極を紹介したことがありますが、
https://www.as-1.co.jp/spg-blog/2019/03/post-28.html

研究室では、重宝される材質ですね。

この「白金」、ご存知のとおり「高価」な材料です。

参考価格はありますが、白金相場によって変動します。
他の材質のるつぼと比較すると、桁違いの価格で、手が出せないなんてこともありますよね。

しかし!! このような↓使い古した白金製品があれば

≪改鋳≫ することで、「安価」に新しい製品が手に入るんです。

実際には、お預かり品を、精製して御提供するのは、時間がかかりすぎるため、
在庫しているも新しいものを、お納めします。

アズワンでは、このような流れで承っていますので参考にしてください。

≪ご依頼時≫  
お客様にて重量を測っていただきます。 
白金るつぼ 20番 本体16gだったものが

この15.72gになっています。

≪事前見積提出≫
現物の測定結果を元に、「概算の見積」を提出いたします。

≪ご注文≫
現品をお預かりします。
不純物を除いた重さを再度確認します。

※使用済み白金容器は、底に試料が残って固まっていることや
 溶けた試料と白金が、合金化していることがあります。

≪正式見積提出≫
予め測定していただいた重さと、精製後の白金の重さが異なっている場合 
純粋な白金の重さにて価格を算出し、再度見積を提出します。

≪お届け≫
新しい製品をお届け

実際には、お預かりした製品から不純物を取り除き、
「擦り減ってしまった分の材料代」+「加工費等」で新しい製品をご提供する
という流れになります。

回収したるつぼは、バーナーで溶かします

コロコロになりました。

その後「王水」で溶かし精製して、新しい製品にうまれ変わるんです。

高価な材料ですが、再利用できるとなると、魅力的だと思いませんか?

ご紹介チラシも用意しました!
白金改鋳チラシ.pdf(566KB

ご活用ください。

お持ちの白金製品の「改鋳」のご希望があれば

 まで。お待ちしております!!