~厳選中古品~  電気電子計測機器関連品のご紹介

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは こみねぇ です。

アズワンで取扱いの"中古品コーナー"よりお買い得アイテムをご紹介します!!
今回は、アズワンのお馴染み「理化学分野」とは ちょっと異なる製品群をご紹介します。

「電気電子計測機器」関連の中古製品 です。"コレ"というものがあれば、早めにご依頼ください。

早い者勝ちです♪

お引合いを頂いた時点の状態を確認のうえ、都度見積をご提示します。
新品で手が届きにくかったものがお求め安い価格帯でご利用いただけます。

今回はそんな電気電子計測機器のなから、3シリーズご紹介します

その1 電源機器

【ピックアップアイテム】
44-0106-55 直流関連電源機器  PWR800L  菊水電子工業製
ワイドレンジ  電圧・電流をいろいろ変えて試験したいときに便利です。

幅広い動作領域により、1台で単一レンジ直流電源の数奇主文の出力範囲をカバー!

  • 出力電圧:0~80V
  • 出力電流:0~50A
  • 出力電力:800W
  • 入力電圧:単相100V

レンタル品もございます。
ちょっとお試しに、という時に"レンタル"はいかがでしょうか。

ワイドレンジ直流電源 PWR800L レンタル

その2 メモリレコーダ

波形観測、記録装置です。入力モジュール、使用環境、波長目盛長など、希望条件にあうものが低コストで入手できたらお得です。

【ピックアップアイテム】

44-0106-81 メモリレコーダ  8861-50  日置電機製



  • アナログ16ch(op8956×8)+ロジック16ch(要ロジックプローブ)
  • 測定レンジ:5mV~20V/div
  • 最高サンプリング速度:20MS/s
  • メモリ:トータル1024Mワード(op9715-52×2)

その3 スペクトラムアナライザ

スペクトラムアナライザ、略して「スペアナ」と呼ばれます。
「第4次産業革命」の肝でもある、情報通信技術の研究も欠かせないアイテムですね。

【ピックアップアイテム】

44-0106-98 スペクトラムアナライザ  MS2830A アンリツ製 スペクトラムアナライザの中で、トップクラスの測定スピードです

  • 周波数範囲:9kHz~13.5GHz(op043)
  • 分解能帯域幅:1Hz~1MHz(1-3シーケンス)
  • 測定レベル:-162dBm~+30dBm
  • RF入力コネクタ:N(メス)、50Ω I/F:Ethernet、GPIB、USB 2.0(A、B)
  • op006:解析帯域幅(10MHz)
  • op043:13.5GHzシグナルアナライザ
  • op062:低位相雑音 op108:プリアンプ後付

本日時点での、計測器類の一覧チラシはこちら↓↓です。
【中古品一覧】電源機器 メモリレコーダー スペクトラムアナライザ 関連 2020.12.28現在.pdf

その他、ひずみ測定器や、オシロスコープ、保護リレー試験器など様々な通信分野の試験器の中古アイテムがございます。
随時更新されますので、こちらにてチェックください。

気になるものがあればAXELショップ製品ページ右下「お問い合わせ」より見積ご依頼ください。

ご依頼おまちしております。

姉妹ブログのご紹介 ~受託解析もお任せください~

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは こみねぇ です。

特注や校正など、様々なサービスをご紹介している当ブログですが
このたび、アズワンの受託解析の現場から発信する 姉妹ブログ が誕生しました!!
※勝手に姉妹扱いしております。

その名も「アズワンのキンスカ日記」

↓↓↓ こちらです ↓↓↓ 


アズワンには実は「殿町ソリューションリサーチラボ(通称:殿町ラボ)」というライフサイエンス系の受託解析を行っている部門があるんです。

「キンスカ」って何!?と思った方も多いですよね。

「殿町ラボ」は研究の国際戦略拠点である「キングスカイフロント」略して"キンスカ"の中にあります。

羽田空港に近く、高速道路や港にも近いという、「空・陸・海すべてのルートが充実」している立地で
研究開発から新産業を創出するオープンイノベーション拠点が"キンスカ"なんです。

そんな"キンスカ"にある自社のラボで、アズワンのライフサイエンスの担当者が、日々、各種受託解析を行っています!

殿町ラボでは
ゲノム構造解析
遺伝子発現解析
シングルセル単離・解析
の受託解析サービスを提供しています。

アズワンのキンスカ日記」ではこれら受託解析サービスメニューや各種アプリケーションのほか、

・受託解析に関連する技術に関する論文情報
・殿町ラボが主催するセミナー・ウェビナー情報
などなど、ユーザー目線でお役立ち情報をお届けします。

受託解析の現場から専門性の高い情報をガッツガッツお届けするのは、プロフェッショナルの「ふーみん」「すーさん」です。

ふーみん :nCounter遺伝子発現解析オプティカルゲノムマッピング解析を担当しています。
すーさん :シングルセル単離・解析サービスと、細胞培養全般を担当しています。

是非、当ブログ こみねぇの「こんなコトまでやっているんだブログ」とともによろしくお願いします。

自動化ロボット ~オリジナル引張試験機~

こんにちは こみねぇ です。

先日納品した、引張試験を自動化したロボットをご紹介します。

材料研究の分野では、引張試験が欠かせません。

既製品も各種ございますが、
アズワン研究ロボットなら実験にあわせ、必要な機能を搭載し
オリジナルで製作することが可能です。

完成品はこちら↓↓ 黒アルマイトで表面を仕上げ、スタイリッシュな仕上がりになっています。

今回御依頼いただ試験機はこちらの3点のご要望がありました

①両側に引張りたい
②小型なものがよい
③縦横に向きを変えて使用できるようにしたい


3点の要件を満たしたものが、完成しました!!

別の研究室へ持ち運ぶことの出来るサイズ(W300×D250×H502.5mm)です。
重さは架台を除き約10kgです。

★両側に引っ張ることができるので試料を「均等」に引っ張ることが可能!
★向きを変更することが出来る為、X線をあてながら観察するときに便利!!

またプログラムを変更することで「引張速度の制御」が可能です。
移動距離に応じて段階的に速度を上げ、「擬似的な曲線的加速制御」も可能です。

この他にも、ご希望の工程にあわせた機能を搭載したり、各種治具の設計も承ります。

お気軽にご希望内容をお教えください。

チラシもご用意しました。
引張試験機自動化_チラシ.pdf(523KB)

こちらの引張試験機は、2020秋開催のJASISでアズワンブースでもご覧いただけます!!

是非JASISにお越しの際にはブースまで立ち寄りください。

自動化ロボット複数展示しております。

製作中↓

---------------------------------------------------------------
◇会期:2020年11月11日(水)~11月13日(金)10:00~17:00 
◇会場:幕張メッセ・国際展示場 アズワンブース(6B-301) 
◇URL:https://www.jasis.jp/ 
---------------------------------------------------------------

こんな自動化装置あったらいいな、、という構想があれば是非お声かけください
63-4150-46 研究用ロボット 特注製作

自動化ロボット ~ディッピング作業の自動化~

こんにちは こみねぇ です。

 「研究用ロボット」 の製作事例を紹介します!!

こちらです ↓↓   

さて、このロボットが
「どのような動きをするのか」
「どのような研究に使われるのか」

気になりますよね??
このロボットの、完成までのストーリーをご紹介します!!

研究室のお悩み・・・

・単純作業に時間をとられてしまい、研究する時間がない
・単純作業をなんとか自動化したい
・自分でも自動化ロボットを作れるが、製作・設計・材料の調達など、時間も手間もかかってしまう...
 

こちらのコントローラーを使っての自作を検討されていました↓

しかし、貴重な時間を、ロボット製作ではなく、「本来の研究に注ぎたい」というご意向もあり
設計~製作を、まるごとお任せいただける サービスをご検討いただきました!!

研究室にお邪魔しました。

≪ヒアリング≫

【自動化したい作業】
基盤(酸化チタンTiO2)への膜づけ

【手順】

 1サイクル約80分・・・・100回だとすると、8000分以上。
 5~6日 かかります。。。

 人の手では厳しいですね。私なら半日も、もたないです。
 200回繰り返すとなると、、11日以上かかります。

ヒアリングの結果

ロボットのメインの動きの他、検討が必要な内容が明らかに
 ・基盤を保持する保持具の仕様
 ・溶剤を入れたビーカーを固定する台の仕様
 ・溶剤が揮発してロボット本体が腐食しないようコーテイングが必要か
 ・液温をコントロールするなど条件を変更して試すことも検討したい

などなど、、、

直接話を伺うことで、単に自動化ご希望の部分だけでなく
前後の工程や、将来的な使用方法のイメージも涌きます。

ご要望、背景などを踏まえたうえで、検討します。

実は学生さんが、事前に自動化のアイデアをブロックでカタチにされてました!!

水色の台が回転する仕組みです。素晴らしいアイデアですね!!

≪設計≫

3D図面を製作しご提出

≪製作≫

基盤や仕様器具にあわせたジグを製作します。
実際に使用する備品(基盤、ビーカー)をお預かりし、最終調整

≪納品≫
PCにソフトをインストールし、ソフトの使用方法を説明。
実際に動かしながら、ストローク位置、スピードを確認。

浸す時間や乾かしている時間だけでなく 軸を動かすスピードも変更できるんです。

「出来るだけゆっくり」液に浸したり取り出すことで、膜が生成しやすくなるので保持具をゆっくり動かしたい・・・
そんな時は、プログラミングで自由に設定可能です!!

こちらは、ビーカーのホルダー部分よ横から見たところです。
写真奥側のビーカーの下には「ヒーター」があります

温度の条件を変えて実験が可能です ※コントローラーは別途ご用意いただきました

他にも、様々な条件で実験を検討されており、
乾かす時間を短くするための送風機など別途検討中とのことでした。

こういった機器と組み合わせることで、実験が幅広く行えますね。
「将来的には、生成した膜の仕上がりを自動で評価できると、さらに便利ですね!!」
・・・という話もでました。

産業用ロボットであれば、カメラを使って評価を行うことも珍しくありません。
研究内容、作業のボリュームや時間、ご予算を考慮し、
必要な部分だけ、オーダーメードの自動化ができる」というのも
研究用ロボットの特徴です。

何を自動化するかはユーザー様次第!!

「この作業、面倒なので自動化したい」
「この作業のために研究室から離れられない」
「人が代わる代わる対応すると均一にならない」

そんな時は、研究用ロボットを是非ご検討ください。

こんにちは こみねぇ です。

こちらのビーカーを作りました! 「ふわふわのくまさん」のキャラクター入りです↓

かわいくて、癒されまくりです。

「アズワンのビーカーとコラボしたグッズを、、、」というお話をいただき、製作いたしました。

実は今、このくまさんの展覧会が行われていまして、 私も ふわふわ と 行ってまいりました。

「ふわふわのくま 2020展」 10/10-25 12:00~20:00 会場:ACG_Labo  (原宿 徒歩5分)

https://acgateway.com/ex_hm/

ご興味お持ちいただいた皆様 是非、お立ち寄りくださいませ。

原画や、ぬいぐるみや、トレーナー、キーホルダーなど、さまざまがグッズが販売されています。

グッズの中で、明らかに 「異色」 のビーカーだったのですが、、
普段アズワンの製品をご使用されている方や、お取引先様が、気づいてくださったそうです!!

私の目の前で、素敵な女性が買ってくださいました!!


「コレ、キッチンで使える~♪」と。 
嬉しいですね(^^)

ビーカーなので、計量できます。

そして、耐熱性もばっちり(^^)です。
硼珪酸ガラス製ですので、常時230度程度、最高使用温度500度程度です。


キッチンで活躍すること間違いないですね!!

取っ手が無いので、熱々のコーヒーは飲みにくいかもしれません(゚ω゚)

定量的に毎日摂取したい野菜ジュースや、牛乳なんかも良いですね。

ふわふわのくまさん は シンプルでスマートな「白」で印刷しましたが、

他カラーでの製作も可能です!! (2色でも対応できます)

購入したカレンダーの裏に、作家の原田みどりさんにその場でサラサラっとイラストを書いていただきましたっ!!

「配布用のグッズを作りたい」
「社名を入れたい」など、ご要望があれば、ごお声かけください。
※容器の形状、材質によっては、対応できないものも、ござます
※版が必要となりますので、少量では割高になります。(100個以上を目安にご依頼ください)
※既存の ASONEロゴは 消せません

ご依頼はこちらまで↓

RFIDって何? 薬品管理の強い味方をご紹介

こんにちは こみねぇ です。

今回は、薬品管理の強い味方  レコピック®  をご紹介します。

RFIDの薬品管理システムをご紹介する前に、簡単にRFIDについて説明します。

・RFIDとは

⇒(R adio F requency ID entification )の略で、「電波による個体識別」という意味なんです(^^)
⇒ID情報を埋め込んだRFタグ(= IC タグ)から、電磁界や電波などを用いた近距離の無線 通信によって情報をやりとりする技術全般のことを指します。

 身近なところで使われているICタグといえば、交通系のICカードが想像しやすいですね。SuicaやICOCA、PASMOなど、各社オリジナルのカードがあり、コンビニや自動販売機などでも利用できるので便利ですね。

薬品管理の世界でも、RFタグを使えばとっても便利なんです。

「いつ」「どこで」「誰が」「何を」「どれだけ使用したのか」の管理が自動できれば、業務負担が確実に減ります。
人の手による手順の間違いよりも正確なので、管理も安心ですね。
このRFIDをメリットを薬品管理に生かしたものが レコピック® です。

薬品管理の強い味方 レコピック® とは

⇒搬送ボックスや薬品など様々な物品のロケーションや入出庫を正確かつ効率的に支援するRFID管理システムです。
⇒タグで情報を自動で読み取ることで、人手で行っていた入力作業の削減が可能です。

従来の薬品管理システムのバーコード業務を削減し、使用回数や使用量を自動で記録可能です

【導入メリット】

・正確な在庫情報の把握で、ムダを削減
・法令順守のための工数が削減
・分析業務の進捗状況把握と効率化 ・・・など

【シチュエーションに合わせてセット品を提案致します】

①常時、薬品庫にある薬品瓶を管理したい、バーコード作業を無くしたい 
 ⇒ 薬品庫セットがオススメ!!


②常時、薬品庫にある薬品瓶を管理する必要は無いが、バーコード作業を無くしたい 
 ⇒ 天秤セットがオススメ!!

③天秤セットで棚卸しを簡易にしたい 
 ⇒ ハンディセットがオススメ!!

こちらのパンフレットもご参照ください。
RFID搭載薬品庫パンフ.pdf(2448kb)

是非ご活用ください。

~ 薬品管理の手間でお悩みの場合の皆様へ ~

無料のオンラインセミナーに参加してみませんか?

「研究施設での業務効率化・管理レベル向上に向けたRFID活用」

◎開催日時  2020年9月4日(金)15:00~16:00
◎参加費   無 料
◎お申込み  下記専用ページからお申込みください(
事前登録必要

https://teijinagency-webinar.com/top02/

レコピック® に関するお問合せはこちらまで

こんにちは こみねぇ です。

病院・診療所での「診察時」の感染対策品の紹介です。
各種窓口や店舗では、飛沫感染対策に、「卓上型タイプのパネル」が活躍しています。

医療現場など、感染リスクの高い現場では、より念入りな対策が必要です。

診察室では、病状を詳しく診るときなど、どうしても至近距離で診察が必要ですよね。

少しでも飛沫感染リスクを軽減したい診察現場の
「この診察デスクにピッタリのパーテーションが欲しい!」
という声におこたえした特注品が、こちらです↓↓↓

デスクにあわせてL字にカットしたパネルです。

名づけて「デスクフィットパーテーション」

L字の足をつけることで、床や机を傷つけることなく設置できます。

こちらのタイプはデスクの上に、スペーサーを設置し、2センチ程度のスキマを設けています。


不要であれば「スペーサー無し」でも製作可能です。

現場を確認しなくてもこのタイプであれば、①~④のサイズを測定いただければ、製作可能です。

設置は簡単!!
付属の六角レンチで簡単にL字アングルの取付ができます。

医療現場にのみならずお使いいただけます!

デスク横で面談するシチュエーションがある皆様。
是非ご検討ください!

ご依頼はこちら↓からどうぞ。

デスクフィットパーテーション 特注製作

チラシもご用意しました
デスクフィットパーテーションチラシ.pdf(531KB)

お待ちしています。

臨床検査の現場でも! レンタルが便利です

こんにちは こみねぇ です。

いま世界的に新型コロナの新薬が待ち望まれていて、急ピッチで開発が進められていますね。
今回は、新薬ができるまでに必ず通る「臨床検査」「治験」の際にオススメのレンタル製品を紹介します。

私たちが安心して使用できる「薬」になるまでには、長い長い道のりがあります。
一般的に、1つの新薬の開発には9~17年もの期間がかかるんです!

薬を待ち望んでいる患者さんにとっては、9~17年は長いですよね。
薬の安全性を確保するためにはどの工程も避けられません。

臨床試験では、患者さんを含め、多くの皆様の力を借りて十分な検証が行われます。


今回は、臨床試験の必須アイテムの中から、お貸し出し可能な製品を紹介したいと思います。

臨床試験の中でもPhaseⅢでは、限られた期間で多くの検体を扱います。

一時的な試験のために「購入」すると、後に使わなくなる可能性が高いため、
「レンタル品」を導入するケースも多いんです。

※レンタルといえば数日、週間、1ケ月など、短期間のイメージがありますが、
臨床検査に使用する機器の場合は、1年、2年など長期でご利用いただいています。

まずは、検査室の定番アイテムクールインキュベーターです。

クールインキュベーター KMH-130シリーズ

治験薬の保管には適切な温度でコントロール可能なインキュベーターが欠かせません。
乾燥器・恒温器関係のレンタル品各種ございます。
↑こちらをクリック

つづいてはこちら

卓上冷却遠心機 S300TR 

付属品のスイングローターや、バケットも一緒にレンタル可能です。

検体保管には冷蔵庫、冷凍庫が必要ですよね。

小型で省スペースな冷蔵庫↓はいかがでしょうか。

小型薬用保冷庫  FMS-054GM (温度制御範囲:2~14℃

こちらは冷凍庫です。

小型冷凍庫ミニキューブ(-14~-28℃、69L)  GX-823HC

凍結検体がある場合は、冷凍庫が必須です。

他にも温度管理に必要な温度計、温度ロガーなど各種取扱いしております。

レンタルは→こちらをクリック
購入品は→こちらをクリック

是非、ご活用ください!!

こんにちは こみねぇ です。

今回は、「ガンマ線照射サービス」をご紹介します。

 

研究室からのご依頼では「容器」「袋」に照射したり
最近では「使い捨てマスク」「使い捨て衣類」への照射のご依頼もあります。
また、各種研究に使用する「素材」への照射効果を確認するなどの比較実験にご依頼いただくこともあります。

今回は、受託協力先、コーガアイソトープ様にご協力いただき、「ガンマ線って何?」などなど、よくあるご質問におこたえしつつ、簡単にサービスについて、ご紹介します。

≪ガンマ線(γ線)って何?≫

電磁波の1つです。紫外線よりもはるかに短く、X線よりもさらに短い波長なんです。

波長が短い=エネルギーが非常に高いため、物質を透過します。

≪ガンマ線をどのように照射するの?≫

コバルト60という物質から、ガンマ線を放出させて、対象品にあてます。

コバルト60線源 Nordion(カナダ)製 C-188型 

並べてセットし、このような状態で使います。

対象の製品(滅菌したいもの)をこのような容器にいれます

この容器を動かし↓線源にあてていきます。遊園地のライド系アトラクションのようです!

厳密には線源からの距離などでも線量が変わるため、均一にあたるように容器に詰めます。

線源のコバルト60は、自然に減衰していくため、照射するときの線源の状態によって照射時間をコントロールすることで、目的とする線量を照射します。
透過力に優れているため、梱包した状態で照射することで中の物質を滅菌することができます。

≪線量って?依頼する際の線量はどのように決めるの?≫

線量の単位は Gy(グレイ)です。
照射によって物質の単位質量あたりに吸収されるエネルギー量です。
物質1kgに1J(ジュール)のエネルギーが吸収されたとき=1J/kg=1Gy(グレイ)

大きいほどエネルギーが高くなり、滅菌効果が期待できます。

【照射線量例】
理化学実験で使用する容器→10kGy程度
医療用途            →25~30kGy程度
が一般的ですが、使用目的や、材質などに応じてお客様にてご指定ください。

≪どのような材質に照射できるの?≫

透過する様々な材料に照射可能です。「樹脂」「ガラス」「金属」などなど。
このような部品にも。

  製品内部に空洞(密封部分)があるもの / 金属製品

その他、容器に入った試料、液体、袋に入った粉体などにも照射可能です。


材質によっては、「着色」「物質の変化」「照射臭」といった影響を受けます。

【影響を受けやすい素材】
ポリプロピレン、PTFE、ポリアセタール、塩化ビニルなど

ポリプロピレン製の容器に、高い線量で照射したり、くり返しあてると、材料が破損しやすくなるなどの影響がでます。
ガラスは茶色っぽく変色することもありますが強度は変わりません。

こちらは25kGyで照射したマスク↓ですが、仕様に記載のように若干の照射臭がしてしまいます。
9-5035-32 ディスポマスク 25kGy γ線滅菌済 ST

≪滅菌効果はいつまで続くの?≫

適切に密封されていれば、基本的には開封するまではつづきます。
密閉されていなければ、菌が中に入る可能性があります。

がしかし、もともとの菌の付着量や照射する線量によっては、全ての菌が死滅していると言い切ることはできません。

医療機器、ヘルスケア品を「滅菌品」として販売するためには、
「滅菌バリデーション基準」(厚生労働省)で規定されているJIS規格及びこれと同等以上の規格・基準にもとづいた処理が必要とされます。
定められている試験を行い、プロセスの決定、管理などが必要とされます。

つまり、当社在庫品の未滅菌の製品を、25kGyの線量のガンマ線を照射しただけでは「滅菌品」として販売することはできないのです!

滅菌効果が期待できる線量で照射し、同様の包装を使用しても「滅菌証明書」の発行は無く、
必要に応じて「照射報告書」をご提出いたします。

≪見積にどのような情報が必要?≫

こちら①~③が必要です。。

①照射対象品(製品品番、その他持込品の場合は材質・サイズ)
②荷姿(※再梱包が必要な場合は梱包数量、小分け入数)
③照射線量
ディスポーザブル品の容器類の場合、一度に使用する数量毎での小分け包装をご検討ください。
※開封した時点で照射効果がなくなります

※「滅菌サービス」と言われることもありますが、厳密には対象物の状態、包装状態によって、滅菌を保証できるものではない為  
 アズワンでは、「ガンマ線照射サービス」としてご案内しております。

  ご依頼はこちらからどうぞ↓

  63-2993-86 ガンマ線照射サービス

中古買取はじました

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

こんにちは こみねぇ です。

アズワンで新たに始めた 「中古買取」 を紹介します。

要らなくなったモノを、必要としているところで活用できたら、いいですよね(^^)

「循環型社会」「持続可能な社会」のためにも。
資源の有効活用ができるサービスは、さまざまな分野で広がっています。

アズワンも、レンタル中古品販売につづきまして、中古買取 を始めました!

中古品の販売を開始して以来、実は
「買取っていただくことも可能ですか??」というお問合せを、度々いただいていました。

そういったお声におこたえし、この度こちらの窓口を開設いたしました!!
↓↓ 買取ご依頼フォームはこちらをクリック↓↓

【買取事例】

試験機器 (恒温槽、乾燥器、インキュベーター、デシケーター、電気炉)


真空機器 (真空ポンプ、蒸着装置、ターボ分子ポンプ、マスフローメーター)


光学機器 (クリーンベンチ、グローブボックス、純水装置、ガスクロマトグラフィ)


検査機器 (実体顕微鏡、生物顕微鏡、光源、UV照射装置、照明)


「実験が終了したため、使用しなくなった」
「別のモデルへ買い替えた」

など、まだまだ使える状態で眠っている機器、ありますよね?

「もったいない。思い当たる、、、。」
「そういえば、保管スペースも無駄だな、、。」

などなど、

思い当たることがございましたら、是非アズワンへお声かけください!!

 

チラシもご用意しました。中古買取チラシ.pdf(266KB)

 お待ちしてます。