管状炉の魅力はカスタマイズ ~架台も炉心管もイロイロ~

こんにちは こみねぇ です。

今回は、セラミック管状炉の特注製作について紹介します。
管状炉とは、その名のとおり、加熱部が「管状」になっている炉です。
炉心管と呼ばれる管状の物を中心にセットします。(石英管、磁性管などの様々な材質の「炉心管」があります。)
用途にあわせて炉心管の材質を選定し、その中に試料をいれて焼成します。

周囲がヒーターとなっているので、セットした炉心管全体を効率的に加熱することが出来るんです!


中は、どのような構造になっているのでしょう?
開けると、、、↓

炉心管を設置する中央部を、ヒーターがぐるりと囲む構造になっています。
そのため、空間の多いチャンバー(箱)型の炉に比べ、熱効率、温度分布が良い」んです

安定した環境が実現するので、実験にもってこいですね(^▽^)

単体で使用したり、装置に組み込んで使用するなどして、
幅広い用途で使われます。

例えば・・・
・半導体の熱処理研究
・金属開発における基礎反応用の炉として
・燃料電池の開発   

などなど

「管状炉」は、一般的なチャンバー型の電気炉と比べ、どんな特長があるのでしょう。

≪管状炉の特長≫
・炉内がパイプ形状になっているため熱効率がよい
・炉心管内部のガス雰囲気制御が簡単
・カスタマイズしやすい(2ゾーン、3ゾーン式のものなど)
 条件を細かく変えることができるので、研究用途にぴったりですね。

さて、カスタマイズを得意とする管状炉ですが、
今回、紹介したい事例は こちら↓


「3ゾーン式管状」に「フランジ付きの架台」を取り付けました。
このフランジから「不活性ガス」を導入するんです。

この特注品でどのような実験をするのか、というと、、。
●試料が不活性ガスの雰囲気下で熱処理しするとどうなるか? を調べる実験で使うそうです。

さらに、この特注品は、温度を制御を3ゾーンで行うことができます!
また、フランジから、真空ポンプを使って酸素追い出し、不可性ガスを導入することもできます。

※ちなみに、3ゾーンというのは、1つの管状炉で、3箇所の温度制御を同時に行うことが出来るんです。
 (1ゾーンだと1箇所、2ゾーンだと2箇所の温度制御ができます)





もう1つ紹介します。


炉の向きが90度傾けて架台に固定した「縦型タイプ」です。

実は、こういった「向き」を変える特注は、珍しくないんです。
縦型が、どういった時に便利か、説明しますっヽ(^∀^*)ノ

縦にすると、上から試料を入れて、下から出すことができます。 その逆の場合もあります。

炉心管の中に、「耐熱フィルター」をいれて「 特定のサイズの試料だけ下から取り出す」 といった、使い方もできるんです!!

縦型も便利ですね(^^)

「アルミフレーム」を使えば、架台を自由に設計できます。
単結晶育成熱処理炉として使用するためのスライドレールなども、このアルミと組み合わせて製作できます。

管状炉単体のみならず、前後の工程が スムーズになるよう、
架台ごと カスタマイズが便利です!!

セラミック管状炉の特注のご依頼はこちら↓どうぞ。
https://axel.as-1.co.jp/asone/d/63-4218-71/

チラシも用意しました。
電気管状炉 特注製作 チラシ.pdf(562KB)

特注品のお問合せは
まで、お気軽にお問合せください!