臨床検査の現場でも! レンタルが便利です

こんにちは こみねぇ です。

いま世界的に新型コロナの新薬が待ち望まれていて、急ピッチで開発が進められていますね。
今回は、新薬ができるまでに必ず通る「臨床検査」「治験」の際にオススメのレンタル製品を紹介します。

私たちが安心して使用できる「薬」になるまでには、長い長い道のりがあります。
一般的に、1つの新薬の開発には9~17年もの期間がかかるんです!

薬を待ち望んでいる患者さんにとっては、9~17年は長いですよね。
薬の安全性を確保するためにはどの工程も避けられません。

臨床試験では、患者さんを含め、多くの皆様の力を借りて十分な検証が行われます。


今回は、臨床試験の必須アイテムの中から、お貸し出し可能な製品を紹介したいと思います。

臨床試験の中でもPhaseⅢでは、限られた期間で多くの検体を扱います。

一時的な試験のために「購入」すると、後に使わなくなる可能性が高いため、
「レンタル品」を導入するケースも多いんです。

※レンタルといえば数日、週間、1ケ月など、短期間のイメージがありますが、
臨床検査に使用する機器の場合は、1年、2年など長期でご利用いただいています。

まずは、検査室の定番アイテムクールインキュベーターです。

クールインキュベーター KMH-130シリーズ

治験薬の保管には適切な温度でコントロール可能なインキュベーターが欠かせません。
乾燥器・恒温器関係のレンタル品各種ございます。
↑こちらをクリック

つづいてはこちら

卓上冷却遠心機 S300TR 

付属品のスイングローターや、バケットも一緒にレンタル可能です。

検体保管には冷蔵庫、冷凍庫が必要ですよね。

小型で省スペースな冷蔵庫↓はいかがでしょうか。

小型薬用保冷庫  FMS-054GM (温度制御範囲:2~14℃

こちらは冷凍庫です。

小型冷凍庫ミニキューブ(-14~-28℃、69L)  GX-823HC

凍結検体がある場合は、冷凍庫が必須です。

他にも温度管理に必要な温度計、温度ロガーなど各種取扱いしております。

レンタルは→こちらをクリック
購入品は→こちらをクリック

是非、ご活用ください!!