アズワンの歴史

革新と創造が開拓した歴史

1933~1969 草創期

時代の潮流を敏感に捉え、変化を成長へと転化させて

1926(大正15)年6月
道修町で修行していた18歳の頃の井内盛ー氏。
写真館で撮影した貴重な1枚

創業者・井内盛一社長がアズワンの原点となる井内盛栄堂商舗を創業してから、2代目・井内英夫社長が就任するまでの30数年にわたる期間は、80年の社史のなかで、未来を方向づけエネルギーを蓄積した草創期に位置づけられます。

第二次世界大戦による停滞にも屈することなく、科学機器の総合商社という壮大な夢を追った創業者の存在は、アズワンの今をしっかりと支えているのです。

POINT

  • 創業者井内盛一、大阪ガラス発祥の地に井内盛栄堂商舗を開設
  • 科学機器事業への第一歩、(株)井内盛栄堂の設立と研究用カタログ第1号の発刊

1970~1979 第二の創業期

仕入先様と販売店様の間で、商社にしかできないことを

1979(昭和54)年
中国・広州交易会を視察する井内英夫社長。
ガラス製品の商談も精力的に行った。

第二次世界大戦による事業の中断もあり、人の一生でいえば下積みの時代にあたる草創期に長い時を費やした当社は、新たな時代にふさわしい若いリーダーのもと、溜め込んできた力を一気に解き放つかのように成長を開始しました。

従来の枠にとらわれない柔軟な発想を出発点に、独自のビジネスモデルを築き上げ、あふれる行動力で夢を形にしていく第二の創業期。目覚ましい発展の中で、商品領域の拡大や情報システムの導入など、後の飛躍への土台づくりも着々と進められていきます。

POINT

  • 事業拡大の転機となった東京営業所開設
  • プラスチック製品の枠を一気に超え、視界に広がる総合商社のフィールドへ
  • コンピュータ活用の先駆的実践 パソコンから全社業務対応情報システムへ

1980~1989 飛躍期

独自のビジネスを拡大へと導いた先見性と実行力

1982(昭和57)年
埼玉県岩槻市に開設した関東営業所・関東物流センター。東北自動車道岩槻インターチェンジのすぐそばで、東日本への配送に便利な立地であった

若きリーダーの柔軟な経営手腕により、当社はカタログを中核とする優れたビジネスモデルの構築に成功。
次の難関は、これを激しい時代の移り変わりの中で十分に機能させていくことでした。

この重要な局面で、当社は見事に上昇気流をつかみます。最大の契機となったのが、半導体市場での成功。
以来、大きな飛躍を遂げながら挑戦は続いています。ユーザー様に目を向けると、そこにはいつも、次の挑戦課題が見えてきます。

POINT

  • 看護師に向けられた独自の視点 病院・介護分野への本格進出
  • 進む海外仕入先様との連携 海外事業展開への助走

1990~2000 変革期

一卸売業者から社会の公器としての“企業”への脱皮

1993(平成5)年
大阪市北区天満4-15-5に達設した本社ピル。北区天神橋の事務センターも手狭となったため、新たなピルに移転した

当社は、マーケットインの時代を先取りする問屋ならではの商形態により、急成長を続けます。
また、中堅の卸売業者から社会の公器としての“企業”への脱皮も、時期をとらえて成し遂げてきました。

そして21世紀を前に、事業拠点を拡充し、戦略的な物流網を全国に展開する上場企業へと成長。
攻めの姿勢をゆるめることなく、事業の幅を広げ、質を高めて、新たな時代へと突き進んでいきます。

POINT

  • 本社移転。
    産業機器事業も拡大しいよいよ株式公開を視野に
  • 全社員が万感の思いを胸に迎えた株式店頭公開

2001~2008 拡充期

井内盛栄堂からアズワンへ、推し進めた21世紀の革新と創造

2002(平成14)年
大阪市西区江戸堀に建設した本社ビル。複数のビルに分散していた部署が集約され、連携が深まることとなった

当社は21世紀の幕開けを、東証・大証一部上場達成で飾ります。
新たな時代を見据え、革新と創造の精神をより明確に表現するため、社名を慣れ親しんだ「井内盛栄堂」から「アズワン」に変更、未来への可能性を託しました。

上昇気流が続くなか、改革を重ねて業務基盤を強化、事業のグローバル化も着々と進みます。
さらにIT活用においてもアドバンテージを高め、世界市場を見据えた科学機器総合商社へと成長を重ねていきます。

POINT

  • 新世紀への気概 東証・大証一部上場。
    社名変更と新本社ビルの建設移転
  • Webサイトの効果的な活用、カタログで培われたノウハウを活かして

2009~2012 第三の創業~新たなる挑戦~

先端を支える先端企業としての社会的使命を胸に

2012(平成24)年
新基幹システム「ASCA」の導入に先立ち、各部署で任命されたASCA教育リーダーへの研修が行われた

当社は、戦後の高度経済成長期には右肩上がりに業績を伸ばし、市場の成熟化や社会の高度情報化にも的確に対応して、着実に企業価値を高めてきました。

技術の先端を切り拓く研究開発の最前線を、幅広い品揃えや独自のサービスで支えるリーディングカンパニー、すなわち、先端を支える先端企業として、ますます重みを増す自らの使命を果たし続けていくために、井内卓嗣新社長のもと、新たな挑戦が始まります。

POINT

  • 井内卓嗣新社長就任 井内英夫社長が会長兼CEOに
  • 中国事業の急拡大 相次ぐ拠点開設と事業インフラの整備

2015 中期経営計画発表

2015(平成27)年
部署を横断したプロジェクトチームが発足し、「eコマース」「新規事業」「海外」3つを成長の柱とした中期経営計画が策定された

2020年3月期に売上高700億円を目指す5ヵ年中期経営計画Project -NANA- を発表。目標達成に向け、一丸となり邁進中。